2022年08月
[] [過去の日記一覧] [管理]
●2022年08月10日(水)

☆今日のニャンコ☆

今日は雌猫の不妊手術でした。生後7か月で体重が2.5kgの猫です。初診の方ですが、この子も手術を急がれてました。オス猫と同居してるので、早めに手術がしたいということで、今日の手術になりました。

猫は交尾排卵です。交尾の刺激で、卵巣にある卵が降りてきますから、交尾すると妊娠の確率が高いというか、健康な雌猫だしたら、ほぼ100%の確率で妊娠します。

交尾せずに卵が卵巣にあると、周期的に発情しますから、飼い主の方は、ニャーゴー、ニャーゴーという鳴き声や、異常行動に悩まされることになります。

先日、乳腺に腫瘍が出来た高齢猫が来院しました。猫の乳腺腫瘍はほとんどが「乳がん」です。腫瘍が大きくなって表面が破れたり、肺に転移して、寿命を縮めたりします。この子は、不妊手術はしてあったのですが、手術を受けたのが6歳くらいだったので、乳腺腫瘍の発病を抑えることが出来ませんでした。

1歳以内に手術を受けると、乳腺腫瘍の発病はほとんどないと思います。

●2022年08月09日(火)

☆今日のワンコ☆

今日はワンコの去勢手術でした。

以前から、去勢ご希望の飼い主で、マーキングをさせないように、早めの去勢手術をお勧めしていました。先月下旬に、「今日、去勢手術をしてくれませんか?」とお電話があり、足をあげてオシッコするようになったんで、早く手術したいということでした。その日の午後はすでに予定が入っていて、ワンコも朝ごはんを食べていた(手術当日は、絶食で来院していただいてます)ので、一番近々で、ということで、今日の手術になりました。

当院のポチは、手術時期が遅れたので、去勢しても散歩中のマーキングは治まらず、なるだけ、道路の真ん中を歩かせるようにしてます。車が来たら端に避けますけど、車を運転してる方は、「何で、道路の真ん中を歩いてるんだろう、マナーの悪いヤツだな」って思ってるかもしれませんね。

●2022年08月06日(土)

暑い日が続いていますね。暑さのせいか、食欲不振でワンコやニャンコが来院しています。中には、熱中症みたいな子もいます。脱水状態でグッタリして、体温が上がって・・、という重篤な状態ではありませんが、嘔吐と食欲不振が主な症状です。

以前、当院で飼ってたラブラドルのPも、夏の海に連れて行って少し長い時間一緒に泳いでいて、浜に上がると、ふらついて嘔吐したことがありました。その日の夜は、いつもは待ちきれない夕食が食べられなかったので、涼しい部屋で濡れたタオルをかけて、扇風機で風を当ててやったら、夜中近くになって、やっと元気食欲が戻りました。

写真は当院の眠です。院内の涼しい所を探して寝場所を変えています。不思議とエアコンの部屋はあまり好まないようです。一日、こんな格好で過ごしてます。起きてるのは、食事とトイレの時だけです。

●2022年08月03日(水)

☆今日のニャンコ☆

今日は9歳の猫の太ももにできた1センチくらいの腫瘍を切除しました。ワクチン接種で来院されたときに相談を受けました。表面が少しただれていて、飼い主の方は皮膚病を疑ってたみたいですけど、注射針を刺して細胞を取って顕微鏡で見ると、腫瘍細胞が見えましたから、大きくなる前に手術で取ることにしました。

腫瘍自体は、それほど大きくなくて、境界もはっきりしていて、取り易そうだったのですが、このニャンコ、体重が9kgを超えています。元々が大きな猫で、太ってなければ6kg位かな?って感じです。

そこで考えるのが、麻酔に使うお薬の量です。体重に合わせた量を使うと、オーバードースになったらいけないので、、少な目にしましたが、完全に眠らせることが出来ずに、猫も怒りだしたので、入れてるゲージ全体を覆うビニールを被せて、麻酔ガスを流して眠らせました。

使った薬の量が少なかったせいか、麻酔ガスを止めたら、すぐに目覚めました、また、怒り出すと困るので、入って来たキャリーバックに入れて、夕方、お迎えに来た飼い主さんと帰っていきました。

ノルウェイジャンなど、大型化する純粋種は居て、10kgを超えることもありますが、日本ネコで9kg超えは、当院No.1かもです。

●2022年08月02日(火)
☆今日のニャンコ☆

ナヨンちゃんです。生後1年目の女の子で体重は1.5sです。不妊手術前のワンショットです。当院では、生後半年で体重が2kgを超えたら手術対象です。ナヨンちゃんは、体重は1.5sでしたけど、体はすっかり大人になっていましたよ。


WebDiary CGI-LAND