2019年02月
[] [過去の日記一覧] [管理]
●2019年02月14日(木)

☆夜間病院出務☆

昨夜というか仕事が終わったの時は日付が変わってたから、今朝というか・・、夜間病院勤務でした。

元気がなくて食欲も落ちていたまだ若い猫は肝臓の異常を示す数値があがっていました。原因ははっきりしませんが、「急性肝炎」の診断がついていました。

アルミホイルにするめを包んでいたところ、ホイルごと食べちゃった猫、腰を痛めて、急に立ち上がれなくなった高齢の小型犬等々・・。

ワクチン接種や不妊、去勢手術、歯科や皮膚病の治療が多い当院では、1位か月分に値するくらいの、急患症例を診たかも・・。

その中で気になったのが、お電話だけでの相談でしたが、手作りチョコレートを手のひら半分くらい食べてしまった大型犬の飼い主から電話がありました。犬のチョコレート中毒は、大量に食べると、ケイレン発作をおこして死亡することもあります。チワワなどの小型犬で、板チョコ一枚が致死量に相当します。特にカカオの含有量が多いビターチョコなどが危険です。調理用のチョコが一番危険だそうです。

当院でも過去に、職場で女子職員からもらったチョコをお父さんがカバンにかくしていたところ、飼っている小型犬が見つけ出して、ほとんど食べてしまった事件がありました。この時は吐かせる処置をしましたが、大量のチョコが出てきて、その後、自宅に帰したところ、軽いケイレンが出だしたので、点滴主体の入院治療で回復したケースがありました。

時節柄、ワンコの周りにチョコがあることが多いので、ご注意下さいね。

●2019年02月12日(火)

☆今日のワンコ☆

今日は10歳のオスのワンコの去勢手術でした。

通常、この年齢での去勢手術はあまり行わないのですが、今日のワンコは片方の睾丸が大きくなっていて、睾丸の腫瘍化が疑われたので、早めに取り除くことにしました。

以前、他のワンコで飼い主の方が手術に難色を示したので、「では、少し様子を見ましょう、大きくなるようだったら来院してください」と言ってたところ、2〜3年後に「大きくなりました」と来院したとき、中型犬でしたが、ソフトボール大にまでなって、ワンコの年齢は16歳になっていて、「早めにオペしてれば良かったなぁ〜」ということがあったので、今回は積極的に手術を勧めました。

肛門周囲にも、良性の腫瘍がありましたので、これも切除しました。肛門周囲腺腫という腫瘍ですが、この腫瘍も未去勢のオスに出来やすいので、今回の手術は再発防止になります。

10歳というとまだまだ先が長いので、今日の手術は、これからのこの子にQRLには、かなり貢献すると思いますよ。

●2019年02月09日(土)

☆昨日のワンコ☆

指でゴシゴシとしごいていくと少しずつ剥がれて、皮膚との付着部位は3ミリ程度でした。もう切るしかないだろうと、ハサミでチョキンと切りました。ワンコは暴れるだろうと準備していましたが、予想に反して、知らん顔してます。

腫瘍に栄養を与えて育てていた血管があり、血流も多いので、切ったところから、今以上に出血しはじめています。止めるには切除部位を縫うしかありません。局所麻酔薬をその部位に塗って、針を入れました。この時も暴れるだろうと緊張してましたが、おとなしく縫わせてくれました。2針ほどで縫えて、無事に止血できました。

以前、高齢犬で同じように皮膚の付着部位が細い腫瘍を無麻酔で取りたかったので、その細い茎の部分を糸で縛ったことがありましたが、この時は、栄養が行かなくなった腫瘍が、熟した果実みたいになって、そこからポタポタを出血して、縛る前よりも状態が悪くなったので、結局麻酔下の処置になったケースがありましたが、今回はうまくいきました。おとなしいワンコで良かったです。これで、飼い主を悩ませていた出血から解放されますね。

●2019年02月08日(金)

☆今日のわんこ☆

耳の内側に小さなイチゴ位の腫瘍から出血してる15歳の小型犬が来院しました。以前からあって時々出血してたそうですが、血が止まらないので困って来院してきました。

腫瘍は熟してイチゴみたいな感じで、ジュクジュクしていて表面からじわじわと出血しています。腫瘍の周りの毛は血で固まっていて、ゴワゴワになってます。「切除するのが一番だけど、高齢だから麻酔かけたくないなぁ〜、飼い主も麻酔を心配してるし・・」

ゴワゴワの毛をバリカンで刈って、腫瘍の状態を見ると、皮膚に付着している部位は小さいようです。指でゴシゴシとしごいていくと、もう少しで取れそうなかんじです。処置中もジュクジュクと出血してます。

さて、どうするか??


●2019年02月06日(水)

☆今日のニャンコ☆

今日はニャンコの不妊手術が2件でした。

以前は、2件も3件も入れてましたが、60代になるとあまり多いと集中力の維持が難しいので、手術は一日1件と決めてますが、昨日、予約し忘れて連れてきたニャンコが居て、昨日は2時間位かかる手術があったんで、入れられなくて、今日に回して、今日も、やはりニャンコの不妊手術があったんで、2件のオペになりました。

今日の夕方は、今日手術受けた子の退院もあったので、6時以降は退院のオンパレードでした。迎えに来た飼い主の方たちが「良かったね〜、頑張ったね」って、愛犬、愛猫に声をかけてました、やはり、この仕事してて良かったんなぁ〜。


●2019年02月05日(火)

☆今日のワンコ☆

今日は10歳の小型犬のそけいヘルニアの手術でした。犬や猫、(多分、人も・・)の股の付け根には、胎児の時にはそけい輪という穴が開いていてます。成長すると穴はふさがるのですが、中には塞がらない子がいます。その穴からお腹の中の脂肪などが出ると、股の付け根がぷよぷよと腫れてきます。痛みはありませんし、指で押すと戻ります。

今日のワンコもそんな感じで、以前からそけいヘルニアがあるのは分かっていましたが、指で押すと戻るので様子をみていました。ところが、それが大きくなって指で圧迫しても戻らなくなりました。エコーで見ると、ヘルニアの袋の中には液体が溜まった管の様なものが入っていることがわかりました。

もう様子を見てない方が良いだろうということで、今日の手術になりました。膀胱は定位置にあるので、ヘルニアの袋の中にあるのは子宮ではないかと予想して、手術に臨みました。

ヘルニアの袋を開けてみると、予想通り、内部に液体が溜まった子宮でした。ワンコの容態は悪くないので、内部に溜まっているのは膿ではなさそうです。ヘルニアの穴から子宮を元に戻すのは出てるものが多いので無理でしたから、お腹を開けて、そこから引っ張り入れて、穴を縫い合わせて塞いでから、子宮と卵巣を切除しました。

診断名は「そけいヘルニア」と「子宮水腫」です。ヘルニアの袋のなかに出ていた子宮が、水が溜まって腫れたので戻らなくなったのでしょう。術前の健康状態は良かったので、ワンコは明日退院です。お股の付け根がスッキリとなって良かったね。子宮の病気もなくなったしね。

●2019年02月04日(月)

☆今日のニャンコ☆


尿道閉塞で8歳のオスのニャンコが来院しました。このニャンコ、2か月ほど前に膀胱炎で来院してきました。この時は、オシッコは出ていて、膀胱も張ってなかったのですが、オチンチンの先を触ると指先に、少しジャリッとした感触があったので、「膀胱の中に砂が溜まる体質なので、処方食を与えて下さいね」とお願いしていたニャンコでした。

看護師が診察の前に容態をききますが、この時の症状が「吐きます」でした。「多分、尿閉で尿毒症を起こしたんだろうなぁ〜、あれだけ処方食やってくださいとお願いして、サンプルも何種類かお渡ししたのにな」と思いながら、お腹を触ると、予想どおりパンパンに膨れた膀胱に触れました。

麻酔で眠らせて、オチンチンの先から細い管を入れて・・、いつものパターンです。今日のニャンコは腎機能がビックリするくらい悪くなっていましたので、入院、点滴治療になりました。

膀胱炎を起こす猫には、必ず処方食の重要性を話してサンプルもお渡ししてるんですが、なかなか徹底しませんね。『やってるんですけどねぇ〜」と言われて、市販の量販店のフードだったりしますからね〜、入手はネット通販でもいいから、やっててくれるとありがたいのですが・・。

●2019年02月02日(土)

☆今日の診察室☆

先ほど何の気なしに、この「今日の診察室」どれくらい書いているんだろう?10年は過ぎたかな?とバックナンバーを見ると、一番初めが2001年12月でした。ということは、今年で19年目、その12月分の中に、当院の猫の松&竹が、不妊手術を受けて2年が過ぎて、太って来たので、ダイエットを始めたとく文章がありました。その片割れの竹が、いま膝の上に乗ってます。重いので、ジャマになったら、抱いて下しますが、しばらくするとまた上がってきます。私が事務室にいる間にこれを多分10回くらいは繰り返してます。しかし、あれから19年後にコイツがまだ膝の上に居るとは思ってなかったなぁ〜。

●2019年02月01日(金)
☆今日のワンコ☆

診察台の上ですましているのはマイケル君です。10歳位の男の子で体重は3kgです。マイケル君はボランティアの方から今の飼い主の元にやってきました。マルチーズとシーズーのミックス犬だそうですよ。


WebDiary CGI-LAND