2002年09月
[] [過去の日記一覧] [管理]
●2002年09月30日(月)
★今日のワンコ★

土曜日に子宮の病気で手術したワンコが,今日退院しました.「子宮蓄膿症」という病気で,避妊していない中高年の雌のワンコに発病します.7歳以降の雌のワンコが「元気や食欲がなくて,何となく様子がおかしい」という時,一番最初に疑う病気の一つです.体力的に大丈夫であれば,手術で子宮と卵巣を摘出するのが一番です.

症状や超音波検査,血液検査で比較的診断は容易なのですが,今日のワンコはこの病気に特徴的な検査結果が出ずに,診断に少し苦慮しました.検査で決定打がないままに経過観察で一晩入院させて,様子を見ました.発情にしては分泌物が多い様で,点滴や注射でも容態に好転が見られないので,思い切って開腹したところ,病気になっている子宮を発見しました.「お腹を開いて,もし子宮が健康だったらどうしよう?」と少し不安だったので,正直,ほっとしました.

元気消失していたワンコも,体を触ろうとすると「ギャウ」と反撃するほど元気になったので(?),本日無事退院しました.

写真はまたまたMDのリップちゃん,3ヶ月の女の子です.毛色はシルバーダップルかな?特徴的な毛並みですね.

●2002年09月28日(土)
★今日のニャンコ★

今シーズン初のF.U.Sのニャンコが来院しました.F.U.Sとは「猫泌尿器症候群」の略で,簡単に言うと,膀胱の中に細かい砂が溜まって,それが尿道に詰まって,オシッコが出なくなる病気です.特に雄猫に多くて,オシッコが出ないので2〜3日で容態がどんどん悪くなって,早めに処置しないと,命に関わることもあります.

例年,猫の活動が低下する秋から冬に比較的多い病気ですが,その第1号が来院しました.麻酔をかけて尿道に細い管を通して,詰まっている砂の固まりを取り除きます.閉塞がとれると,それまでグッタリしていた猫が,俄然元気になります.猫もつらいでしょうねぇ.猫の体質と食事が原因のことが多いので,一度発病した猫は,食気管理が重要です.

写真は,MDのミミちゃん,2ヶ月の女の子です.今週は,ミニチュア・ダックス(MD)のオンパレードですね.活発で愛らしいのが,人気の秘密ですね.

●2002年09月27日(金)
★今日のワンコ★

今日の朝刊に「犬語翻訳機」の大きな広告が出てましたね.某玩具メーカーが作って[Boulingual」という名前だそうです.前々から話題になっていましたけど,いよいよ発売されるみたいですね.愛犬の本当の気持ちを知ってみたくありませんか?というコピーが付いていました.あまり真剣に考えないで,遊び感覚で使ってみると楽しいかもしれませんね.

我が家のシーズー犬のモップは,私が家でイライラしてると,そぉーと近づいてきて,前足を私の膝にかけて,私の目をじっと見つめます.まるで「もう,そんなにカッカしないで・・」って言ってるみたいです.私の本当の気持ちは,愛犬には,お見通しの様です.

写真はミニチュア・ダックスのナミちゃん,2ヶ月の女の子です.こちらのお宅にはすでに2匹の小型犬がいますから,全部で3匹のワンコ達とのコミュニケーションが始まりました.きっと賑やかで楽しいでしょうね.

●2002年09月26日(木)
★今日のワンコ★

今日はミニチユア・ダックスフンドのベリーちゃんです.45日目の女の子です.ワクチン接種で来院しましたが,まだ着たばかりで少し早いので,健康診断だけで帰りました.体重はまだ1kgしかありませんが,とっても元気なワンコでした.

●2002年09月25日(水)
★今日のワンコ★

今日はマルチーズのラビちゃん,6歳の女の子です.今日はワクチンの接種と健康診断で来院しました.お手入れが簡単なので,短く毛をカットした子が多いのですが,ラビちゃんの様に,毛を長く伸ばしたマルチーズは珍しいですね.

犬の図鑑に載せても良い位きれいに,ブラッシングしてあります.

●2002年09月24日(火)
★今日のニャンコ★

21日(土曜日)の日記でご紹介した凶暴ニャンコが,今日無事に退院しました.2日続けての長時間の手術に耐えて,ほとんど食事も取ってないのに,あれほどの元気,いやいや見上げた根性でした.猫はたくましいですね.

あれほど激しかった子が,飼い主の方がお迎えに来ると,おとなしく腕に抱かれていましたから,やはり安心したのでしょうね.今ごろは,1週間振りのお家でゆっくりしていることでしょう.食事を食べているかな?

写真はミニチュアダックスのワインちゃんの赤ちゃん達です.全部で3匹です.9月8日生まれですから,12日目かな.おっぱいをたくさん飲んで,順調に育っている様です.スヤスヤ寝顔が可愛いですね.

●2002年09月21日(土)
★今日のニャンコ★

今週の月曜日に骨盤を骨折して来院したニャンコ,次の日に骨折の手術をしてホッとしたのもつかの間・・・

手術の翌日に傷を確認すると,手術跡からなにやら液体が漏れ出してきてます.恐る恐る匂いをかぐと「うわぁ〜,オシッコだ!」

雄猫では事故で骨盤のあたりを強打すると,尿道を傷つけたり,切ったりすることがあるので注意しているのですが,今回のニャンコは雌だったし,排尿もあったので安心していました.

早速,膀胱に造影剤を入れてレントゲンを撮ると,膀胱の下のあたりに造影剤の漏れが見られます.その日の夜に,今度は破れた箇所を縫って漏れを止める手術をしました.骨盤は2箇所折れてましたから,ニャンコは左右の腰のあたりとお腹に縫合の跡が出来て,周囲の毛は大きく刈ってますから,まるで改造人間(猫?)の様です.

ニャンコは尿の漏れも治まり,昨日から元気も出てきましたが,実は,このニャンコ,本性はとても凶暴でした.治療のために体に触れようとすると「ファ〜ア」と襲ってきます.幸いなことに(?)後ろ足が不自由なので,攻撃をかわすことが出来ますが,毎日格闘しながら治療しています.

写真は元気になった凶暴ニャンコです.決して治療してもらって,よくなって喜んで笑ってる顔ではありません.「ファ〜ア」と「命の恩人?」の私を威嚇しているとこです.

●2002年09月20日(金)
★今日のワンコ★

今日は3ヶ月令のマルチーズの姉妹です.今年の6月下旬に生まれました.お母さんワンコは,2kg弱と小柄でしたから,お産の時は心配しましたけど,無事に出産し,育児も上手だったそうです.

この子たちはもうすでに1.8kgと1.4kgです.もう少しでお母さんを追い越しそうですが,お母さんの方が,まだ子離れが出来てないそうです.

●2002年09月19日(木)
★今日のワンコ★

今日はシーズー犬のリンちゃんです.6ヶ月の女の子です.ワクチンの接種で来院しました.今週の土曜日に避妊手術の予約が入っています.

最初の発情がくる前に手術をすると,中高年になってからの,乳がんの発病率が明らかに低いことが判っています.子宮の病気の予防にもなりますから,子供を望まないのであれば,早めの手術をお勧めします.時々「一度生ませないと病気になり易いと聞いたのですが?」と質問されることがありますが,手術をしていれば心配ありません.

リンちゃん,眉毛があるので男の子に間違われるそうです.確かに目の上にりっぱな眉毛がありますね.眉のほそ〜い若者よりも凛々しく見えるのは,私の偏見かなぁ?

●2002年09月18日(水)
★今日のニャンコ★

今日はマック君,4ヶ月の男の子です.今日は去勢手術で来院しました.手術台の上でのんびり・・?実は鎮静剤を打たれて,ボーっとしてるところです.

この後,麻酔薬を注射してマスクをつけて,ガス麻酔で手術は行われます.手術は20分ほどで終ります.ガス麻酔をOFFにすると10分ほどで目覚めますから,30分後には,またボーっとした顔で,「ん?何があったの?」て顔していることでしょう.


●2002年09月17日(火)

★今日のニャンコたち★

昨日は恵みの雨,よく降りましたねぇ.

昨日は午前9時に,前日からの継続治療のワンコの診察が終わって留守電を聞くと「今朝,猫が帰って来たのですが,足が立たないようで,うずくまってます」とのメッセージ.すぐに来院して頂いて診察すると,骨盤を骨折していました.

バタバタとレントゲンを撮ったりしていて,ふと気が付くと待合室にどなたかが座っていらっしゃいます.
「今日はお休みですよね」
「はい」
「いやぁ,電気が点いていたので寄ってみました,目やにが出るので猫を見てもらえませんか?」
「はい・・・」

天気予報では午後から雨,なんとか午前中に海に着けば少し遊べる(何をして遊ぶかは院長の紹介ページをご覧下さい)と目論んでいたのですが,そんなこんなで到着が遅れ,出艇準備が終わった途端に,ザーと大雨,2時間ほど待ちましたが,天気は回復ぜず,また土砂降りの中を片付けました.

まあ,水不足も解消できそうだし,骨盤骨折のニャンコの手術も無事先ほど終わったし,ヨシとしましょう.


●2002年09月14日(土)
★今日のワンコ★

昨日の日記に書いたじいちゃんワンコ,お腹の具合はだいぶ良くなってきましたが,まだ流動食を与えると一部もどしてしまいます.食べてない日々が続いています.若いワンコだと2〜3日食べなくても大丈夫ですが,高齢なので体力が心配です.

写真は子猫のチビちゃん,今年の6月生まれの女の子です.今日は虫下しの投与に来院しました.病院は初めてだったので,診察台の上で緊張していました.

●2002年09月13日(金)

★今日のワンコ★

久しぶりにお天気マークに「くもり」を入れました.少し涼しくなるといいですね.

おじいちゃんワンコが急に容態が悪くなったと,往診の依頼がありました.来院していただかないと,詳しい検査や治療が出来ないことを告げて,一応,診に行きました.ワンコはお腹をこわしてグッタリしています.朝は元気よく散歩に行ったそうですが,今はとても立てないほどフラフラになってます.かなり脱水がひどいようです.

ワンコは鎖につながれていますし,朝の散歩でも何か悪い物を食べた形跡はありません.後で連れてきていただいて,入院して治療することにしました.原因がはっきりとはしませんが,とりあえず脱水症状を改善するために,自動点滴器を使って,24時間の点滴治療になります.

現在治療中ですが,激しい胃腸炎の症状が出ています.人間でも温泉センターでのレジオネラ菌感染症やO-157による食中毒が問題になってますが,このワンコ,誰かに何かもらって食べたのでしょうか?まだ予断を許さない容態が続いています.

●2002年09月12日(木)
★今日のワンコ★

スコティッシュ・テリアのジュリーちゃん,5歳の男の子です.毛が長くて真っ黒なので,どこが目でどこがお鼻か写真ではわかりませんね.
アメリカのルーズベルト大統領の愛犬だったそうで,紳士的なイメージのある犬種です.スコットランドが原産地で,もともとは小型動物の猟に使われていたそうですが,今はコンパニオン・ドッグとして飼われています.

ジュリーちゃんは皮膚病の治療で来院しています.治療のために毛を短く刈っていただくようにお願いしていますから,次に会う時は,今日と違うイメージになっていることでしょうね.

●2002年09月11日(水)

★今日のニャンコ★

「洗った後に猫が皮膚病になったんですけどぉ・・・.」と,大きな雄のニャンコが来院しました.確かに皮膚の所々毛が剥げていますが,普通の皮膚病にしては病変が激しくて,猫も元気がありません.洗ったのは3〜4日前とのことです.洗った時に猫が大暴れしたそうです.

病気の原因は火傷でした.飼い主の方がどなたかに頼んで洗ってもらったそうで,その方は仕事柄,手で熱さをあまり感じない(いったい何の仕事なんだろう?)そうで,使ったお湯が熱かったんでしょうね.

ただれた皮膚の上に毛が被さって衛生的ではないので,体の毛を刈ってしまいました.毛がなくなったので,見た目が痛々しいのですが,これで薬の塗布も容易になりました.火傷の治療は,ただれた皮膚の周りからユックリユックリ皮膚が再生してくるのを待たなければいけないので,時間がかかります.その間の感染のコントロールが大切です.

ニャンコはとんだ災難でしたね.


●2002年09月10日(火)
★今日のワンコ★

今日は,イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルのクイーンちゃんです.5歳の女の子です.新しい飼い主の方のところに来て1ヶ月で,おとなしい子です.お産の経験があるそうで「母親の落ち着き」を感じます.

アメリカン・コッカー・スパニエルは時々見ますが,スプリンガーは珍しいですね.E.S.スパニエルはあらゆるスパニエルの起源となる犬種で,スプリンガーとコッカーが分かれたのは,19世紀後半だそうです.イギリスが原産地で,体を動かすのが大好きな犬です.

●2002年09月09日(月)
★今日の???★

週に2〜3回,当院のコテツ君とジョギングをしています.犬も人も暑いとバテルので,朝の比較的涼しい時間帯に30分ほど走ります.コテツはジョギングから帰ってリードを外して,入り口のドアを開けてやると,一目散にに水場に駆け寄って,ガブガブと水を飲みます.

一人で走るよりは,犬と一緒の方が楽しいので,コテツの迷惑も顧みずにつき合わせています.今日もいつもの様に走り終わってドアを開けると,真っ先に水場に駆け寄ったのですが,なにやらその前で呆然とたたずんでいます.「どうしたのかな?水が空っぽだったかな」と,水が入っている器を見ると,先客が行水中でした.

このガマ,もう何年も前から我が家の裏庭に住んでいて,年に数回ノシノシと悠然と歩いている姿を見るのですが,雨が少なくて水が恋しくなったのかどうか判りませんが,目を細めて幸せそうに水に浸かっていました.

コテツも途方に暮れているので,「おくつろぎのところ申し訳ありませんが,犬も困っているので..」と両手で抱えて器から出すと,名残惜しそうにノシノシと草むらの中に消えていきました.

雨が少ないのでダムの貯水率が50%を切ったそうですが,我が家の裏庭も「水不足」になっているのかもしれませんね.草むらに古鍋で「ガマの水浴び場」を作りましたが,使ってくれるかな?

●2002年09月07日(土)
★今日のワンコ★

今日はキャバリアのジャックちゃんです.3ヶ月目の男の子です.ワクチン接種と健康診断で来院しました.キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが本当の名前で,イギリスが原産地です.

●2002年09月06日(金)
★今日のワンコ★

今日は13歳のじいちゃんワンコの抜歯です.

このワンコ,目の下の皮膚が時々ジュクジュクしてくるので,歯根炎の治療をしていました.歯根炎は奥歯の根っこが炎症を起こす病気で,歯石が付着して歯周炎を起こしているような子に見られます.

麻酔をかけて原因となる歯を抜歯するのが一番ですが,今日のワンコは年をとっていたのと,心臓に軽い雑音が聞こえるので,飼い主の方と相談して,化膿止めのお薬を処方していました.投薬するとホッペのジュクジュクは良くなるのですが,やめると再発を繰り返していました.

今日は,歯周炎を起こした歯茎から出血し始めたので,思い切って麻酔をかけて,歯の治療をすることにしました.若いワンコと比べると,麻酔が醒めてシャキッとするまでに少し時間がかかりましたが,先ほど飼い主の方がお迎えに見えて,二人でトコトコと歩いてお家に帰って行きました.

飼い主の方は年配の方で、ワンコを連れて帰るときに「大変だったなぁ、ご苦労さん、悪かったなぁ〜」とワンコに言っていたのが、心に残りました。

悪い歯は全部抜歯しましたから,当分の間は歯周炎から解放されるでしょう.写真は頑張ったじいさんワンコです.なかなか,気骨のある顔してますよね.飼い主の方といっしょに、末永く元気で過ごせると良いですね。

●2002年09月05日(木)
★今日のニャンコ★

今日は子猫のコナツちゃんです.約3ヶ月の女の子です.ワクチンの接種で来院しました.2ヶ月前に今の飼い主の方の所にやってきた時と比べると随分大きくなって,健康状態も良くなってました.おうちの中だけで生活している「箱入りニャンコ」です.

猫は外に出すとノラネコから病気をもらったり,ケンカしたり事故にあったりして寿命を縮めることもあります.ノラネコの平均寿命は4〜5年,外に出る猫で8〜10年,室内飼いで12〜15年という報告があります.

猫は犬ほど運動不足が問題にはなりませんから,不妊手術をして良質のフードを与えて,室内で飼ってあげることが,健康の秘訣かもしれませんね.

●2002年09月04日(水)

★今日のニャンコ★

下アゴを腫らしたニャンコが来院しました.右下のアゴの部分がプックリと腫れています.外に出るニャンコなのでケンカによる外傷かなと思いましたが,まだ期が熟してない?ので化膿止めのお薬を処方して,2〜3日して,期が熟して腫れた皮膚が赤く薄くなってきたら,来院していただくことにしました.

それから2日して,腫れた皮膚が赤くなってジュクジュクしてきたので,来院されました.期が熟した様です.エコーで見ると内容は液体みたいです.メスでほんの少し切開すると,ドロリと膿がでてきました.麻酔をかけて口の中を調べてみると,丁度下くちびるの内側にも小さな穴が開いていて,下あごの腫れとつながっていました.

この傷から化膿したようです.詳しく調べましたが,骨などは刺さっていませんでした.何か硬い物を食べて下唇を傷つけて,傷が化膿したのではないかと思いました.何を食べたのかは,このニャンコしか判りませんね.

●2002年09月03日(火)
★今日のワンコ★

今日のワンコはリュウ君,2歳の男の子です.さて種類は何でしょう?

正解は,シーズーとビーグルのミックスです.お顔しか写っていませんが,体つきもビーグルの体型にシーズーの毛色です.目がクリクリしてとてもかわいいワンコです.

他にもマルチーズとシーズー,チワワとヨーキー,プードルとマルチーズのミックスが来院していますが,みんなかわいいですね.ただ,初対面の時は種類がすぐに判らないので,少し悩みます.パグと柴犬のミックスは,目がギョロとして,妙に気難しい顔した柴犬だったので,すぐに判りました.

でも,どうやってこれらの犬種のミックスが出来るのでしょうね?放し飼いのパグやマルチーズなんて見たことありませんよね.

●2002年09月02日(月)
★今日のワンコ★

秋田犬のボス君がワクチンの接種で来院しました.当院には初めての来院です.診療の際に注意しなければいけない犬種があります.アメリカンビットブル,ロットワイラー,土佐犬などはその代表的なものです.中にはおとなしいやつもいるとは思いますが,基本的に「猛獣」と思った方が安全です.幸いこれらの犬種は当院には来院していませんが,次に危険なのが,秋田犬や紀州犬などの日本犬種です.

おとなしいので安心していると,いきなり「ガブリ」とやられます.「ウゥー」とか「ウワン」とか威嚇してくれると注意するのですが,彼らは突然攻撃してきます.腕や足に名誉の負傷を負っている獣医師もけっこういます.私はまだ大丈夫ですが・・.

ボス君はとてもおとなしいそうです.診察であっちこっち触っても,特にいやがることはありませんでした.聴診器を当てている時に,私の鼻のあたりをクンクンと嗅いでいましたが,友達として認めてくれたのかな?正直,少々怖かったな.


WebDiary CGI-LAND