2005年03月
[] [過去の日記一覧] [管理]
●2005年03月31日(木)

★今日のワンコ★

先日、自宅で手術後の遅い昼食をとっていると、病院の方から電話が入りました。交通事故のワンコが来院したそうです。交通事故の場合、その程度は、瀕死の重傷から軽い怪我まで、千差万別です。診るまでわかりません。連絡を受けた途端に、旺盛だった食欲は、パッタリと消失し、とりあえず落ち着くためにお茶をゴクリと飲んで、病院に戻りました。

連れてきた方は、加害者(?)の方で、狭い路地を左折したところ左側にワンコが寝ていたようで、曲がった時にワンコがキャンと鳴いたので、そのまま抱いて、車に乗せて来院しました。

症状の程度や場所を確認するために、歩かせてみましたが、異常はありませんでした。歩行に異常がないと、まず一安心です。骨折や脱臼があると、足を着けませんし、骨盤や背骨を傷めている時は、立ち上がることもできません。

ワンコの左足の先に少し血が滲んでいました。どうも、足先を踏まれた様です。傷を消毒して、化膿止めの処置をしておしまいです。ワンコは、歯の状態などから推測すると、かなり高齢のようでした。暖かくなって、道端でお昼寝でもしている時に足を踏まれたのでしょう。

ワンコには首輪は付いていましたが、放されていましたから、連れてきた方が、元の場所に戻しておくことにしました。ワンコも高齢になると、耳や目が不自由になって、身近に危険が迫っているのに気付くのが、遅れますから、飼い主の方が気をつけてあげないと、いけませんね。

●2005年03月30日(水)

★今日のニャンコ★

オシッコが出にくくなったオスのニャンコが来院しました。昨日から、トイレに何回も入っているけど、少量しか出ていないそうです。

この様な症状の場合、膀胱炎を起こしているので、残尿感があって、オシッコは出ているけど何度もトイレに入る場合と、尿道に細かな砂が詰まって、本当にオシッコが出ていない場合があります。オシッコが出てない時には、すぐに処置しないと、尿毒症を起こして猫の命にかかわります。

まずお腹を触って、膀胱を確認します。膀胱がぺしゃんこになっていたら、オシッコが出ていますから、一安心ですが、お腹の中にパンパンに張った水風船の様な膀胱に触った時は、すぐに尿道から細い管を入れて、オシッコを出す努力をします。猫は嫌がるので、なかなか大変です。

今日のニャンコのお腹の中には、やや膨れた膀胱を触りました。膀胱を圧迫すると、少しポタポタとオシッコが出ましたが、なんとなく怪しいので、嫌がる猫を押さえて、尿道から管を入れて、膀胱の中に生理食塩水を入れました。膀胱の中に勢いよく食塩水を入れると、ふわりと膀胱の中で舞い上がるたくさんの砂が、エコー検査で確認できました。

オシッコを出して、何回か食塩水で膀胱を洗うと、沢山の砂が出てきました。今日処置しなければ、多分2〜3日内には、オシッコが出なくなって、猫は青息吐息になっていたことでしょう。これから、膀胱の中の砂を溶かすための、食事療法が始まります。

●2005年03月29日(火)
★今日のワンコ★

今日はチワワのリョウマくんです。4ヶ月目の男の子です。1週間前に飼い主の方の所にやって来ました。今日は、健康診断で来院しました。食欲旺盛な、元気なワンコでした。

以前は、チワワというと、気難しくて、小食で、育てるのが大変なイメージがありましたが、最近はそうでもない様です。極めて小さな子が少なくなって、成犬で2〜3kgになる子が多くなったせいかもしれませんね。治療する立場としては、元気な子が増えて、嬉しいですね。

●2005年03月28日(月)
★今日のワンコ★

今日は小型犬の避妊手術でした。生後8ヶ月になり、発情前に手術することにしました。

まず鎮静剤を注射して、ワンコを落ち着かせます。知らない所に連れてこられたワンコは、不安で一杯です。特に手術当日は、朝ごはんは貰えないし、飼い主の方の様子も違いますし、何かいつもとは違う気配を察しています。ワンコはかなりの緊張しています。

鎮静剤を投与されたワンコは、ぼんやりとなります。次は、麻酔導入薬の出番です。静脈からゆっくりと投与するとワンコは眠っていきます。そして眠ったスキ(?)に、気管の中に管を入れて、麻酔ガスを流して、手術開始です。

以前と比べて、麻酔薬の性能が良くなったので、より安全に手術できるようになりました。どこが良くなったかというと、手術が終って麻酔を切ると、麻酔から覚めるまでの時間が、かなり短縮されました。麻酔薬は、スムーズに導入出来て、醒めるのが早いのが理想的です。手術の麻酔は、気管に管が入って呼吸が安定して、まず一安心、手術が終って、麻酔から無事に覚めて意識が戻ると、大安心です。

写真は、シーズー犬のヒナちゃんです。8歳の女の子です。今日は皮膚の治療で来院しました。毛が長めにカットしてありますね。

●2005年03月26日(土)
★今日のワンコ★

今日は、シェパードのオリアナちゃんです。9歳の女の子です。四駆の大きな車に乗って来院しました。オリアナちゃんは、訓練を受けているようで、ノーリードで飼い主の方の指示だけで車から降りて、診察室に入って来ました。

初めての来院だったのですが、リードなしで車から降りたときは、道路に飛び出さないかとヒヤヒヤしました。40kg近い大型犬が、指示ひとつで、飼い主の方に従う姿は、素敵ですね。

●2005年03月25日(金)
★今日のワンコ★

昨日、ワンコを保護した方が、そのワンコを連れて当院に来院されました。

若い中型犬ですが、このワンコ、あるお宅に入り込んでいました。家人の方が怖がって知り合いの方に相談したところ、この方がワンコを捕まえて、保護してくれました。保護してくれた方はマンション住まいで、ワンコを室内に入れることが出来ず、一晩車の中に入れておいたそうです。

で、なぜ当院に来院されたかというと、動物病院では、犬のワクチンを打つので、犬の顔を見たら飼い主の方が判るかも知れないと思って、連れてきたのだそうです。残念ながら、一年間に2〜300頭にワクチンを打ちますから、その全てを覚えているわけにはいきません。困ったなぁと思いながら、首輪を確認すると、首輪に「鑑札」を入れるポケットが付いていて、その中に鑑札が入っていました。すぐに動物管理センターに連絡して、鑑札の番号から、飼い主の方が判明しました。

その日の夕方、飼い主の方がワンコを引き取りにみえました。ワンコは、今回が何回目かの脱走だそうです。そのたびに、鑑札の番号で、飼い主の方に連絡が入るのだそうです。それで、しっかり鑑札が首輪に付いていたんですね。

写真は、脱走後、当院で謹慎中のワンコです。ゲージの中で神妙にしています。この後、飼い主の方に連れられて、うれしそうに帰っていきました。

●2005年03月24日(木)
★今日ワンコたち★

お彼岸も過ぎたというのに、三寒四温で寒い日もありますね。日曜日は地震で、今日は嵐です。皆さんのところでは地震の被害はありませんでしたか?地震の時、私は外出中でしたが、家に居た家族は、グラリと揺れた時に、それぞれの愛犬を抱いて、一人はテーブルの下に、一人は外に避難したそうです。臆病者のロクは、しばらく震えが止まらなかったそうです。

写真は、タケとオバアです。寒い日は、事務室の暖房が恋しいのか、ドアの外から、入れて欲しそうに見つめています。ドアの外でクンクン、ニャ−ニャーいってますが、無視していると、タケが大きくジャンプしてドアノブを引き下げて、勝手にドアを開けて入って来ます。それに引っ付いて、オバアもノロノロ入って来ます。タケのお気に入りの場所はPC前の椅子の上で、オバアは書棚の前のおざぶの上です。

●2005年03月23日(水)

★今日のニャンコ★

今日の午後は、猫の避妊手術でした。お母さん猫と、その子猫の手術です。

お母さん猫は、今までに何度か出産経験があります。子猫を生むたびに、飼い主の方は、子猫の行く先に苦労されていました。貰ってくれる方を見つけるのは大変です。そうこうしているうちに、また母猫のお腹が大きくなっているのに気付き、急きょ、避妊手術をすることにしました。避妊手術は、子宮と卵巣を切除します。妊娠している場合は、胎児が入った状態で、子宮を取り除くことになります。

約6ヶ月位の子猫が残っていたのですが、この子もメスなので、母猫といっしょに手術することにしました。まあ、ついでに、というわけです。子猫に麻酔をかけて仰向けにして、お腹を触ると、なにやらゴロゴロします。「まあ、この猫、随分ウンチがたまっているなぁ。よほど我慢していたのかな?」なんて、AHTと話しながら、念のためにエコーをあてて見ると、「あらま!妊娠しているわ!!」

子猫と思っていったら、もう大人になっていたんですね。このままにしていたら、飼い主の方は、また子猫(母猫から見ると、孫猫ですね)の行く先を案じなければならないところでした。猫は1年間に3〜4回出産します。一度に3〜5頭生みますから、この親子を手術しないでおくと、来年の今頃は、子供と孫を合わせると20頭以上になる計算です。それがゾロゾロやって来るなんて、消費者金融のテレビCMみたいですね。

●2005年03月22日(火)

★今日のニャンコ★

今朝一番で来院されたのは、下あごに腫瘍ができた、18歳の雌猫です。1年ほど前に気が付いてから、だんだん大きくなってきました。口の中に親指の頭大の瘤が出来て、歯にあたるので、時々出血します。最近は、顎の外側にも張り出してきて、そこから出血することがあります。一見して、腫瘍は悪性であることが考えられます。

積極的治療となると、外科的に下あごの半分を切除するか、麻酔をかけて腫瘍の一部を採集して病理検査にまわして、腫瘍の種類を決定し、それに応じた抗がん剤の投与ということになります。しかし、当院では、出血した部位の消毒と、食欲が落ちた時の点滴程度の、軽い治療しかしていません。規模的に高度な治療が出来ないこともありますが、18歳の猫の生活の質を考えると、この程度の、あまり猫の負担にならない処置で良いような気がするのです。

人では、ガン治療のひとつの目安として、術後の5年生存率が問われます。猫の1年は人の5年に相当することを考えると、今日のニャンコは生活の質は落ちていないし、この治療方針で良かったんじゃないかなぁ、と思っています。

●2005年03月19日(土)
★今日のワンコ★

今日は、ミニちゃんです。ミニちゃんは、マルチーズとシーズーのMIXです。若く見えますが、もう11歳になります。成人病とは無縁の、元気なワンコです。

●2005年03月18日(金)

★最近の動物医療U★

ペットをきちんと飼うようになって、事故や感染病で命を落とす動物が少なくなり、動物達が長寿になりました。犬のフィラリア病の予防方法がまだ確立していなかった頃は、犬の平均寿命は7〜8年でしたが、今では、その倍の15年位に伸びています。

感染病が少なくなった反面、心臓病、腎臓病、ガンなどが増えてきました。特にガンが増えているように感じます。人と違って、犬には、脳溢血や心筋梗塞などの、血管が詰まって起きる病気は少ないので、死因の中で、ガンが占める割合は、人よりも多いのではないでしょうか。ガンを見つけるための、CT、MRIなどの検査技術や、抗がん剤療法や放射線療法などの治療技術が進んできています。

当院では、まだ抗がん剤治療は行っていませんが、そのうちに、積極的な抗がん剤治療を希望する飼い主の方が増えてくるかもしれませんね。

●2005年03月17日(木)
★今日のワンコ★

今日はリキちゃんです。1歳半の男の子です。ゴールデン・レト・リバーのミックスなので、元気でやんちゃ盛りです。

●2005年03月16日(水)

★最近の動物医療T★

今週の日曜日は、腫瘍(いわゆるガン)の講習会でした。大学でガンの摘出手術を専門にやっている先生が講演されました。

大学病院がビデオで紹介されていましたが、CTやMRIなどの検査機器、放射線療法ができる施設、複数の手術室があり、多くのスタッフで、難しい手術が行われていました。手術室の2階はガラス張りになっていて、そこから多くの若い獣医学生が、真剣な眼差しで学んでいました。

30年前私が学生だった頃の病院は、平屋建ての木造で、薄汚れた白衣を着た学生や教官が、ウロウロしていました。手術の実習をしていると、近くの牛舎から飛んできたハエが、手術部位にとまらない様に追い払いながらの、手術でした。大学で遅くまで飲んで、酔っ払ったヤツが、牛と一緒に寝ていたり、大らかな時代でした。

昔の思い出に浸るなんて、年を取った証拠ですかね?いやいや、まだまだ若いものには負けずに・・。やはり年かなぁ。

●2005年03月15日(火)
★今日のワンコ★

今日もチワワの「わたあめ君」です。9ヶ月目の男の子です。楽しい名前ですね。今日のチワワは茶色でした。どの子も小さくて可愛いですね。

●2005年03月14日(月)
★今日のワンコ★

チワワのココアちゃんとミルクちゃんです。昨年の7月生まれの兄弟です。どちらがココア(黒)で、どちらがミルク(白)かは、写真から分かりますよね。

●2005年03月12日(土)

★今日のワンコたち★

今日は、寒い1日でした。天気が悪かったり、寒かったりすると、病院に来院する方は少ないのですが、今日は予想に反して(?)忙しい1日でした。

便秘の猫、鼻先を咬まれた小型犬、皮膚病、外耳炎、健康診断、ワクチン、糖尿病の猫の検診、ワンコの避妊手術等等、をテキパキ(?)とこなしていると、電話が入りました。「妊娠中の犬が破水したのですが、まだ生まれません。4時に連れて行ってもいいですか?」

今日は、電話での午後からの診療時間の問い合わせが多く、こんな日は病院が込み合うことが予想されます。そこに難産のワンコが来院したら・・・!

飼い主の方には本当に申し訳なかったのですが、スタッフの多い病院に来院していただくように、お願いしました。依頼した病院の院長も、快く受けてくださいました。以前受診されたことがあるそうです。予想どおり、午後も混みあいましたので、転院していただいて良かったです。当院では人手が足りなくて、悪い結果になっていたかもしれません。無事に生まれてると良いですね。

今日は、獣医師がもう一人欲しい1日でした。

●2005年03月11日(金)
★今日のニャンコ★

オス猫のバニちゃんです。去勢手術と外傷の治療で来院しました。外傷の治療のために3日ほど入院して、今日退院しました。治療に協力的で大人しいニャンコでした。

頭部を怪我して来院するオス猫は、一般的に治療に協力的で、あまりビクビクしません。きっと度胸が据わっているのでしょうね。

●2005年03月10日(木)

★今日のニャンコ★

「前足を怪我しているようです」と、4歳の猫が来院しました。日ごろから大人しい室内猫ですから、「ケンカの傷じゃないよなぁ」と思いながら診ると、前足の爪が伸びて、指に食い込んでいました。

爪が巻き込むように生えている猫では、このように巻き込んだ爪で、指を傷つけることがあります。特に、長毛種では、毛に隠れて、気付くのが遅れることがあります。幸い、今日のニャンコは一本だけでしたが、以前、前足すべての爪が指に食い込んでいる猫を見たことがあります。

猫は痛いので、なかなか見せてくれませんし、食い込んだ爪を切って取り除きますが、抜く時にも痛いので、数が多いと大変です。長毛種の猫を飼っている方は、足先に注意してあげてくださいね。

●2005年03月09日(水)

★今日のニャンコ★

今日の午後は、昨日延期になったワンコの避妊手術でした。今日は、予定通り、朝ごはん抜きで来院していただいて、無事に手術を終えました。

午前中の診療をしていると、網でぐるぐる巻きにされた猫が来院しました。性格の激しい猫が、洗濯用のネットで包まれて来院することがありますが、今日のニャンコは、サッカーゴールに使う様な、太い糸で編まれたネットに巻かれています。

何事だろう?と診察室に入っていただくと、食事だけ食べさせている外の雌猫を、やっと捕まえたので、避妊手術をしてください、とのことです。捕まえるのに3日かかったそうです。

野生の猫ですから、スキあらば逃げようと狙っています。猫は網でグルグル巻きのまま当院のカゴに入れられました。ワンコの手術が終ってから、猫を網ごとカゴの片方に寄せて、カゴと網の隙間から、麻酔の注射を打ちました。間もなくすると、大人しくなりましたから、手術台に移して、手術を終えました。

手術が終った猫は、半分ほど目覚めたのを確認してから、カゴに入れました。明日は、カゴごと退院して、元のところに放すことになります。

昨日はのんびりした午後でしたが、今日は多忙でした。でも、猫を連れてきた方は、どうやって野生猫を網に入れたのでしょうね。

●2005年03月08日(火)

★今日のニャンコ★

今日の午後は、犬の避妊手術と猫の去勢手術の予定でした。ところが、犬の飼い主の方から午前中に、「朝ごはんを少し食べてしまったのですか・・」と電話が入りました。急ぐ手術でもないし、嘔吐して何かあったらいけないので、明日に伸ばすことにしました。

去勢の猫の来院を待っていましたが、お昼近くになっても来院されないので連絡を入れると、猫がまだ帰ってこないのだそうです。それで、これも延期になり、今日の午後は予定がなくなりました。空いた時間で暖かな日差しの中、川のふちをオバアとゆっくり散歩しました。寒い時期と比べると、オバアも気持ち良さそうでした。


●2005年03月07日(月)
★今日のニャンコ★

「猫の肩のところが腫れあがっているのですが、もしやガンでは・・」と、10歳のオス猫が来院しました。

診察すると確かに、肩が大きく腫れあがっていますが、腫れは硬くなくて、一部がブヨブヨしています。内部に液体が溜まっているようです。猫はここ2〜3日元気がないそうです。外出する未去勢のオス猫ですから、咬まれた傷が化膿して腫れあがったと思われます。ガンではなさそうです。

あまり人に慣れていない様子で、猫は隙あらば逃げようと、虎視眈々と狙っています。麻酔下で処置した方が安全なので、猫を透明なケースに入れて、麻酔ガスを流して眠らせました。

腫れた部位の一番柔らかな所を、メスで小さく切開すると、ビューと、腐敗臭の強い膿が大量に飛び出しました。こういう「おでき」を切開する時には注意しないと、あまり顔と近づけると、顔面に膿を浴びることになります。膿を充分押し出して、内部を消毒し抗生物質を注入しておしまいです。

猫どうしのケンカによる傷は、猫の皮膚は厚いので、体の表面には変化は現れずに、皮下が化膿して腫れてきます。そのまま放置すると、皮膚の一部が破れて、膿が流れ出てきますが、皮膚が広範囲に壊死して、大きく破れてしまうことがあります。こうなると皮膚を綺麗にトリミングして、縫合しなければなりませんし、壊死した部位が大きいと、縫い合わせることが出来ないこともあります。

今日のニャンコは、幸い、破れる前に来院したので、皮膚は大丈夫でしたが、このまま放置されていたら、皮膚が大きく欠損して、大変なことになっていたことでしょう。早く連れてきてもらって、幸いでした。猫はそんなこととはつゆ知らず、麻酔から醒めると、フーフーと怒りながら帰って行きました。

写真は、麻酔導入用の透明なケースに入れられたニャンコです。神妙にしていますね。

●2005年03月05日(土)
★今日のワンコ★

今日は、3月というのに雪が舞う寒い1日でした。私の横にある椅子の上で、オバアとタケがスヤスヤ眠っていました。部屋は暖かいし、「極楽、極楽」ってところかな?

●2005年03月04日(金)

★今日のニャンコ★

「避妊手術のご相談なんですが・・」と猫と連れた女性の方が来院しました。お母さんが飼っている猫だそうで、娘さんが代理でご相談にみえました。

手術のメリット
1.発情がなくなる。
2.卵巣と子宮を取り除くので、将来、婦人科系の病気の心配がない。
3.乳腺腫瘍(乳がん)の発病率が減少する。

デメリット
1.全身麻酔下で開腹手術を行うというリスクがある。
2.太ることがある。

など、ご説明しました。猫は生後半年を過ぎると、妊娠可能になるので、外出する猫だと、早めに手術しないと妊娠の危険があることも加えて説明しました。そうすると、連れてきた方が、「この子、外に出かけるんですよねぇ」。

念のために、エコー検査をすると、「あらまっ!」猫は、しっかり妊娠していました。このままだと、2週間以内には出産するでしょう。娘さんは、電話で、飼い主であるお母さんと、相談していましたが、手術することにしました。

幸い、午後の手術時間が空いていて、猫は朝ごはんは、まだでしたので、そのままお預かりして、午後から手術しました。まだまだ子猫と思っていても、成長が早いので、安心はできませんね。


●2005年03月03日(木)
★今日のニャンコ★

雌猫のレモンちゃんです。今日は避妊手術で来院しました。レモンちゃんは、臍ヘルニア(いわゆるデベソです)もありましたから、同時に手術しました。通常の避妊手術よりも傷が大きくなりましたが、これで安心ですね。

●2005年03月02日(水)

★今日のワンコ★

今日は、1月中旬に骨折で手術した小型犬の、後ろ足に入れたピンを抜きました。

大晦日に交通事故で骨盤を骨折して、安静にしながら様子を見ていましたが、回復の状態が思わしくなかったので、整形外科の専門病院で手術を受けました。

骨の一部を切除して、骨折を治し、またその切除した骨をピンで繋いで元に戻す方法(高度なテクニックです)で手術してもらい、今日はそのピンを取り除く手術でした。いつまでもピンが残っていると、周りの組織に悪影響があるのです。

自分で実施した手術だと、ピンを入れた位置がわかるのですが、手術をしたのは、整形外科の専門医ですから、ピンを見つけるのに苦労するかな、と少し心配でしたが、比較的簡単に見つかり、無事に抜くことができました。

大晦日の事故でしたから、受傷から2ヶ月で、やっと全ての治療が終わりました。後は、抜糸だけです。ワンコは、明日から久しぶりに、飼い主の方と散歩に行けそうです。

●2005年03月01日(火)

★今日のワンコ★

今日は、避妊手術を済ませたワンコが退院しました。このワンコ、大人になって、今の飼い主の方に保護されたのですが、すでにその時には、妊娠していました。

迷い込んできて、その内、前の飼い主の方が現れるだろうと思いながらお世話をしているうちに、ワンコのだんだんお腹が大きくなり、中型犬ですが、なんと8匹も子犬を出産しました。母犬の子育てが上手だったのか、子犬が逞しかったのか、8匹全部無事に育ち、飼い主の方は、ポスターを貼ったり、知人にお願いしたり、市の「ワンワン譲渡会」を利用したりして、全ての子犬が貰われました。写真を見せてもらいましたが、とても可愛い子犬達でした。

子育ても終り、子犬も離れましたので、避妊手術を受けました。手術時にお腹の皮膚を切開すると、その下に皮下脂肪があります。肥満気味の子にはたくさん付いていますし、標準体重の子でも、若干の皮下脂肪は見られますが、今日のワンコには、ほとんどありませんでした。文字通り、「骨身を削って」子育てに励んだのでしょう。手術も終り、ワクチンも打ってもらって、これからは、幸せに過ごせることでしょうね。


WebDiary CGI-LAND