2008年06月
[] [過去の日記一覧] [管理]
●2008年06月30日(月)

★今日のワンコ★

今日は11歳の小型犬の歯石の処置と抜歯をしました。今年の春にこちらに越して来られて、当院に来院されている方です。以前通院していた病院では、時々咳が出るので呼吸器系が心配なで、麻酔を見合わせていました。

歯石の付着により歯周炎がかなり進んでいます。口臭もあり、その口でアチコチを舐めたり咬んだりするので、体毛にヨダレが引っ付いて、その匂いも気になるそうです。

子犬の頃から長く当院に通院して下さっている方は、ある程度ワンコの健康状態がわかりますから、麻酔下の処置も大胆(?)に出来ますが、今日のワンコとのお付き合いは、まだ2ヶ月程ですし、前の病院では麻酔の危険性を指摘されています。

事前の血液検査で異常はなく、ワンコの健康状態は良さそうです。聴診にも心雑音は聞こえません。なんとか大丈夫ではないかと思いましたが、最後は飼い主の方に決めていただきました。これから数年間、この状態で生活するよりは、今回思い切って歯の処置をした方が良いと思いました。

処置中に不整脈が出たり、呼気中の炭酸ガスの濃度が上がったりして少し心配しましたが、静脈から薬を入れながら状態を安定させて、1時間ほどで終了しました。全部で11本抜歯して、歯周炎の治療をしました。

お口の中がすっかり綺麗になり、大変気持ち良くなりました。今日の処置は、これからの犬生?に良い効果をもたらすことでしょうね。

●2008年06月28日(土)

★今日のワンコ★

今日はオスの中型犬の直腸に出来たポリープを切除しました。

日頃はきれいなお尻をしているのですが、排便の時に力むと肛門から何か変なものが出てくるということで、来院したワンコです。肛門から指を入れてみると、肛門の近くに直径2cmほどのコブがありました。コブは茎で直腸とつながっていました。

直腸の腫瘍というと「大腸がん」が浮かびますが、今日のヤツは茎が細かったので、何とか取れそうでした。直腸にガッチリと引っ付いている腫瘍は、腸粘膜ごと引き抜く手術になりますから大変です。

麻酔をかけて直腸をよく調べると、お尻から出てきていた腫瘍の他に小さなものが2つ見つかりましたから、同時に切除しました。人のポリープの手術は、内視鏡で見ながら焼き切るようですが、今日のワンコのポリープは大きかったので、切除した後、粘膜をきっちりと縫い合わせました。

このワンコ、この腫瘍とは別に、太ももの後ろにも直径4cmくらいの腫瘍があったので、ポリープを取ってから、太ももの腫瘍を切除して、歯石も取って歯を綺麗にしました。

今日は口からお尻までの処置をいっぺんに済ませました。ワンコが元気で麻酔が安定していたので助かりました。

●2008年06月27日(金)
★今日のワンコ★

チワワのレオ君です。1歳の男の子です。レオ君と昨日登場のパンチ君は同じお宅で飼われています。オス同士なので、お互いに競争心旺盛で、大ゲンカになることもあるそうです。

●2008年06月26日(木)
★今日のワンコ★

チワワのパンチ君です。2歳の男の子です。フィラリアの予防で来院しました。

●2008年06月25日(水)

★今日のワンコ★

「肛門周囲腺腫」というオス犬特有の病気があります。去勢手術を受けていない中高年のオス犬の肛門の周りに出来る腫瘍です。腫瘍が小さい時は、比較的簡単に切除できますが、悪性のものは、急激に大きくなって、表面が破れて出血します。肛門周囲は血管が豊富なので、ポタポタとかなり大量に出血しますから、この時になって慌てて病院に連れて来られることがありますが、腫瘍があまりにも大きくなり過ぎて、ワンコも高齢化しているので、手術を見合わせることも多いのです。

今日のワンコのお尻にも大きな腫瘍がありました。手術で取り切れそうにないので、特別な処置をしないで様子を見ていましたが、今日は腫瘍から出血しているというお電話が入りました。体重が30Kgもある大型犬を、年配の女性の方がお世話していますから、こちらから出向いて治療しました。

腫瘍からの出血を確実に止める方法はありませんが、とりあえず消毒してお薬を塗布し、ガーゼで圧迫して止血しました。外で処置しましたが、30kgのワンコはお尻を触られるのを嫌がって、逃げるので結構大変でした。その間にもポタポタと出血していました。

治療が終って病院に戻って、午後の診療開始まで少し時間があったので、近くのカジュアルショップにズボンを買いに行きました。裾の長さを測ってもらっていると、担当の方の表情がこわばっています。ふと自分の足元を見ると、履いていたスニーカーにはワンコの血がべっとりと付いていて、白いソックスにも染みていました。履いていたジーンズにもアッチコッチに血が・・・。若い方でしたが、足に血を付けたヒゲのオジサンの登場に、ビックリしたでしょうね。最近物騒な事件が多いから、警察に通報されなくて良かったな。

●2008年06月24日(火)
★今日のワンコ★

チワワのシフォンちゃんです。2ヶ月目の女の子です。今日はワクチン接種のつもりで来院しましたが、まだ少し早かったので健康診断をして帰りました。

シフォンという名前は、シフォンケーキ(chiffon cake)に由来しているそうです。きっと飼い主の方は「甘党」なんでしょうね。可愛い子犬でしたよ。

●2008年06月23日(月)

★今日のニャンコ★

先日アゴの骨折の手術をした猫が、なんとか自力で食べれるようになりました。

このニャンコ、アゴを骨折した上に、ひどい風邪を引いていました。折れたアゴをワイヤーで縛って、アゴは安定しました。ここ数日間はまともに食べていない状態でしたから、注射器を使って流動食を口の中に入れてあげると、通常はゴクゴクと食べるのですが、今回の猫は上手に食べれません。

常に鼻が詰った状態で、目もトロンとしてますし、全体的にボーとした感じです。事故で頭部を打っていますから、事故の後遺症かと思いましたが、青バナも出ていたので、風邪の治療を続けていました。

鼻づまりが回復するにつれて、自力で食べるようになりました。ボーとしているのは、元々が大人しい性格みたいで、近づくと小さな声で「ニャーニャー」言いながら近寄ってきて、ゴロゴロしてます。

2〜3日したら、退院できるでしょう。アゴを縛ったワイヤーが取れるのは、1ヵ月後です。それまで、連れてきた方が、ゲージの中に入れてお世話してくれるそうで、ゲージ付きで退院します。飼い猫に昇格できると良いな。

●2008年06月21日(土)
★今日のワンコ★

シーズー犬のスズちゃんです。6歳の女の子です。夏向きに毛を短くカットしてもらいました。スズしそうですね。

●2008年06月20日(金)
★今日のワンコ★

ゴールデン・レト・リバーのハナちゃんです。ハナちゃんは大人になってから、動物管理センターで今の飼い主の方にもらわれました。推定年齢10歳の女の子です。今の飼い主の方が飼いはじめてから数年経っているそうです。親切な人に巡りあって良かったね。

●2008年06月19日(木)

★今日のワンコ★

今日は大雨の予報でした。お天気が悪いと来院される方は少ないし、今日は午後からお休みだし、最近少し忙しかったので、今日は休憩ムードでした。

朝病院に来ると、電話に着信が何件か入っています。お産が近い飼い主の方からの電話です。何かあったようです。すぐに連絡を入れると、1時間ほど前に破水したのですが、まだ赤ちゃんが生まれないのだそうです。通常は、陣痛がきて破水と同時に生まれます。先に破水すると、産道のすべりが悪くなるので、難産になることが多いのです。

帝王切開になる可能性があるので、スタッフがそろう9時前に来院していただくことにしました。帝王切開では、胎児が仮死状態で生まれますから、新生児のお世話に人手が要ります。それまでに、手術準備を進めます。受付には、「本日急患のため、10時からの診療になります」と書いた紙を張りました。

それから2時間後の11時、帝王切開で2頭の赤ちゃんを助けることが出来ました。麻酔から覚めたお母さんワンコを保育器の中で、モソモソと動いている赤ちゃんに会わせると、しっかり懐に抱いて、授乳を始めました。無事に母性も目覚めたようです。帝王切開で出産すると、出産した自覚がないので、途方に暮れて、上手く子育てが出来ないお母さんも居ますが、今日のワンコは大丈夫です。

予想通り、今日は来院する方は少なかったので、あまりご迷惑をかけずに済みました。お母さんワンコと当院にとって今日の雨は「恵みの雨」だったかな?

●2008年06月18日(水)

★今日のニャンコ★

今日は猫のアゴの骨折の手術をしました。猫は野良猫だそうです。

日曜日の夜、道路で倒れている所を、当院に連れてきた方が保護しました。猫はほとんど動かない状態だったので、ダンボール箱に入れて玄関に置いていました。「多分、助からないだろうね」とご家族で話していました。

猫はそれから3日間、箱の中に居ます。どこにも行きませんが、食事も水も取らずに箱の中でじっとしています。「助かるものなら、助けてあげたい」いうことになり、当院に連れてこられました。レントゲンであっちこっち調べましたが、幸い、首から下にダメージはありません。箱から出すとヨロヨロと歩きます。

顔を見ると、下アゴが上下にずれています。アゴの真ん中を骨折しているようです。ここの骨折は、ずれた骨を合わせて、金属のワイヤーで締め付ければ良いので、比較的簡単な処置で治ります。ワイヤーは、骨が引っ付く3〜4週間後に取り除きます。

手術が上手くいって、猫が食事を食べられるようになったら、連れてきた方が、ワイヤーを取り除くまで、お家でお世話してくれるそうです。オス猫ですから、猫の将来を考えて、去勢手術も同時に行いました。

明日から食事を与えますが、上手く食べられると良いですね。

●2008年06月17日(火)
★今日のワンコ★

今日は10歳のメスの小型犬の胸に出来た500円玉程の大きさの腫瘍を切除しました。皮膚の下にコロコロをした腫瘍が出来ていて、それが少し大きくなってきたので、ワンコがあまり年をとらない内に切除することにしました。

飼育環境が良くなって、犬が長生きするようになりました。それに伴って腫瘍で来院するワンコが増えてきました。今日のワンコの様に、早い時期から診せていただいて、手術時期を決めることが出来たワンコは良いのですが、腫瘍が大きくなって表面から出血し始めて、初めて来院する方が居ます。とても手が着けられない状態の事もありますし、高齢化していて、手術できないこともあります。

「大きくなっているのは判っていたけど、痛がらないし、犬は元気だったし・・」というのが、来院が遅れる原因になっているようです。腫瘍が気になる方は早めに診せて下さいね。

写真は、チビタ君です。10歳の男の子です。写真の様にとても活発で元気なワンコでしたよ。


●2008年06月16日(月)
★今日のワンコ★

パピヨンのイヴェールちゃんです。3歳の男の子です。フィラリアの予防で来院しました。

●2008年06月14日(土)

★今日のワンコ★

パピヨンが来院しました。数日前にフィラリアの予防で当院に初来院したワンコです。パピヨン、チワワ、ポメラニアンの飼い主の方が初めて来院した時には、これらの犬種は前足の骨が細くて、性格は活発なので、テーブルから飛び降りたり、飼い主の方が落っことしたりして、前足を骨折することがあるので、注意するようにお願いしています。骨が細くて治り難いので、獣医師泣かせの症例が多いのです。

今日のワンコの飼い主の方にも、話していたのですが、今日は肩に乗せていたところ、突然飛び降りて、ドスンと地面に落ちたのだそうで。「この前、言われたばかりだったのに・・」と、飼い主の方は照れ笑いをしています。

幸い、普通に歩いていましたから、骨折はなさそうですが、念のためにレントゲンを撮ることにしました。レントゲンを見ると、お腹の中になにやら硬いものが写っています。飼い主の方にお見せすると、「ひょっとしたら、鳥の骨かも・・」。

「鳥の骨を与えているのですか?」
「はい、バリバリ食べるので大丈夫かと思って、与えています」
鳥の骨は割れると断端が鋭利になるので、危険な食べ物です。

とつとつと鳥の骨の危険性をお話します。話のついでに、「ササミジャーキーも、そのまま丸呑みすると、食道に詰って大変なことになるので、丸のまま与えてはいけませんよ」とお話すると、「あらま、以前は割いてやってましたが、最近は丸のまま与えていますよ」。

いやぁ、今日はビックリしました。今日のワンコは、いつか事故を起こすところでした。今日の落下事件が薬になって、飼い方に気をつけてくれるかなぁ〜。

●2008年06月13日(金)

★今日のワンコ★

今日は1歳のオスの小型犬の去勢手術をしました。この子、小さな臍ヘルニア(いわゆるデベソです)がありましたから、麻酔のついでにヘルニアの整復もしました。

お腹の中で赤ちゃんと母体は、胎盤を通じてつながっています。赤ちゃんと胎盤はお臍でつながっていますが、出産の時に母犬がへその緒を噛み切り、赤ちゃんと胎盤は離れます。へその緒が、お腹に近いところから切れると、腹膜に穴が開いて、そこからお腹の中の脂肪や、穴が大きな時は、消化管が出てきます。これが「臍ヘルニア」です。

穴が小さい時は、何もしないこともありますが、今日のワンコは去勢手術で麻酔をかけますから、同時にヘルニアも手術しました。ヘルニアの手術は、お腹に開いた穴を見つけて縫い合わせるだけですから、比較的簡単な手術です。

去勢手術を受けると、中高年以降に起きる色々な病気の予防になります。今日のワンコも、今日の手術が一生で、最初で最後になるでしょうね。

●2008年06月12日(木)
★今日のワンコ★

ゴールデン・レト・リバーのモコちゃんです。8歳の女の子です。今日はフィラリアの予防&検査で来院しました。毎年きちんと予防しているワンコですが、蚊の多い場所に居るそうで、フィラリアの検査も同時に受けました。ゴールデンはいくつになっても、天真爛漫で人好きで可愛いですね。

●2008年06月11日(水)

★今日のワンコ達★

今日の午後は、手術の予定が入っていなかったのですが、昨日、診療終了間際に来院された方が、ワンコの去勢手術を早めにしたいというご希望でしたから、急きょ、手術を入れました。本当は、もう少し後にする予定でしたが、最近、足を上げてマーキングするようになり、同居犬に対して威嚇する様な行動をとることがあるので、早めに去勢することにしました。本日の手術予定→犬の去勢手術。

今日は午前中の診療が終る頃に、歯周炎の猫を連れた方が来院しました。歯周炎が進んで、口を痛がるので、いつか抜歯をしようねと話していたニャンコです。昨年の秋くらいから、この話が出ていましたが、いよいよ病気が進行してきたので、抜歯をお願いしたいということです。猫は、口からヨダレが出て、その口で「毛づくろい」をするので、ヨダレで体がベトベトになって、悲惨な状況になっていました。「予定には入っていないけど、今日の午後、処置しましょうか?」本日の手術予定→犬の去勢手術+猫の抜歯と口腔処置

ということで、充実した午後になりました。夕方メールを開くと、近々出産予定だった小型犬の飼い主の方から、「先ほど無事に生まれました!」という嬉しいメールを頂きました。出産前のレントゲン検査で数頭の胎児が確認されましたから、「もし帝王切開になったら、新生児のお世話に人手が要るから、夜の呼び出しがあるので、携帯をオンにしておくように・・。」と、当院のAHTを脅かしていましたから、彼女たちもホッとしたでしょう。

今日から梅雨入りだそうで、雨模様の1日でしたが、院内は忙しい1日でした。

●2008年06月10日(火)
★今日のニャンコ★

子猫のルルちゃんです。1ヶ月前に飼い主の方に保護されて当院に来院した時は風邪気味で、上手く育つか心配でしたが、すっかり元気になって、今日はワクチン接種で来院しました。

保護された時はわずか300gだった体重も、今日は800gになっていました。食欲も旺盛だそうですから、1ヵ月後の2回目のワクチン接種の時には、まだ大きくなっているでしょうね。

●2008年06月09日(月)

★今日のニャンコ★

午前中に8歳のオス猫が来院しました。外に出て遊ぶ猫です。以前、事故にあってアゴの骨を折って入院してきたことがあります。最近、元気がなくて、あまり食べないそうです。表情が以前と比べてションボリした感じを受けます。

血液検査をすると、健康な猫の半分位しか血液がありません。貧血してます。さらに詳しく検査すると、猫エイズと白血病に感染していることがわかりました。猫白血病が原因で貧血を起こしているようです。

午後に1歳のオス猫が来院しました。今年の始めに生後7ヶ月位で飼い主の方に保護されました。今日は食べたものを吐くそうです。レントゲンを撮ると、胸の中に何か塊があります。かなり大きな塊です。この塊が食道を圧迫するので、食べた物が上手く入って行かないようです。この子も白血病検査が陽性でした。猫白血病による胸の中の腫瘍が疑われます。

猫白血病は、白血病陽性の猫から咬まれたり、逆に仲良くて舐めあったり、同じ食器から食事を食べたりして感染します。生後1年以内に感染して、感染した猫の約1/3が発病します。感染してから年月が経って発病することもあります。白血病はワクチンで予防できます。外に出る猫の幼少期のワクチンは、白血病が入っているタイプをお勧めします。

●2008年06月07日(土)
★今日のワンコ★

アメリカン・コッカーのクリンちゃんです。4歳の女の子です。夏向きに短くカットしてもらってます。涼しそうですね。毎年、梅雨時期になると、皮膚病で来院するワンコが増えてきます。夏の皮膚病対策は、毛を短くカットして皮膚を清潔に保つのが一番です。

●2008年06月06日(金)
★今日のニャンコ★

子猫のタマちゃんです。近所をウロウロしている所を保護されて、無事に「野良猫」から「飼い猫」に昇格しました。今日は健康診断で来院しました。カメラを向けたら、こんな顔になっちゃいました。イヤだったのかな?

●2008年06月05日(木)

★今日のワンコ★

「お腹が張っているような気がする」ということで、6歳のメスの小型犬が来院しました。確かにお腹が少し張っている感じです。

お腹が張る病気のリストが頭の中に浮かびます。胃拡張、腹水、肝肥大、子宮蓄膿症etc・・。お話をお伺いすると、ワンコの元気や食欲はまあまあだそうです。熱もありません。

聴診器で心臓の音を聞くと、心雑音が聞こえます。飼い主の方にお話すると、心雑音は以前から他の病院で指摘されていたそうです。年齢を重ねて、病状が進行したとも考えられます。心臓が悪いとお腹の方から戻る血液の戻りが悪くなって、腹水が溜まることがあります。フィラリアが寄生した時にこんな状態になります。

エコーでお腹の中を調べます。少し腹水が溜まっている感じですが、それほど大量ではありません。エコーの位置をずらしながら、お腹全体をしらべていくと、お腹の中に見慣れないカタマリがあります「腫瘍かな?これは大変だぞ」。飼い主の方は心配そうです。

カタマリの中を見ていくと、何かが脈打っています。「あッ、これは赤ちゃんの心臓だ!」。

このワンコ、妊娠していたのです。この事実を飼い主の方にお話すると、「ありゃ〜、いっしょに居るあのオスのプードル、10歳になるのに、まさか交配するとは!!」 「いやぁ〜人にも、マイク真木みたいな元気なじいさんがいますからねぇ」と、「心臓病&癌」が一転「オメデタ」になり、深刻な状況から、いきなり笑い話になりました。

後3週間くらいで生まれそうです。6歳(人に換算すると40歳くらい)ですから、無事に生んでくれると良いですね。

●2008年06月04日(水)

★今日のニャンコ★

外で餌だけもらっている猫を、お世話をされている方が連れて来ました。見かけないので心配していたところ、3週間ぶりに、ヨレヨレになって帰って来たそうです。お家に入れてあげて、食事を与えましたがあまり食欲もなくて、当院に連れてこられました。

まだ若い猫オス猫ですが、かなりやつれています。皮膚を引っ張ると戻りが悪いので、脱水状態になっている様です。ワクチンは一回打ってもらってます。去勢手術はまだ受けていません。

さて、どうするか?通院で治療するか?入院させるか?一見するとあまり落ち込んでいる様には見えませんでしたが、また外に出すとどっかに行っちゃうって治療できなくなるので、入院させて治療して、元気が出たら去勢手術を受けることにしました。去勢しないと、メスを求めてまたどっかに行ってしまうからです。

かなりひどい下痢をしていましたから、点滴して経過をみていましたが、2日目からガツガツ食べるようになったので、今日去勢手術をしました。放浪中に食べたものが原因で下痢をおこして、脱水状態になってヨレヨレだった様です。

猫は明日退院します。放浪しないで、大人しく生活できるかな?

●2008年06月03日(火)
★今日のワンコ★

子犬のミック君です。2ヶ月目の男の子で、体重は1.8kgです。毛がフサフサしているので、大きく見えます。ミック君は、ペキニーズとポメラニアンのミックス犬だそうです。ミックス犬は、純粋種の遺伝的に弱い部分を帳消しにしていますから、強くて健康です。大人になるとどんな感じのワンコになるのか楽しみですね。

●2008年06月02日(月)
★今日のワンコ★

耳に1cmほどの大きさのイボが出来た大型犬が来院しました。

体の表面にイボが出来て、それが少しずつ大きくなって、表面がジュクジュクしてきて出血が始まることがあります。ほとんどが10歳以上の高齢犬です。全身麻酔をかけてまで切除する必要があるかどうか悩みます。出血がなくて、イボが小さければ様子を見ます。

今日のワンコのイボは、前回見た時は数mm程度で小さかったのですが、今日見ると1cmほどの大きさになっていました。表面から染み出る様な出血が見られますが、まめに拭くことで管理出来そうです。高齢な大型犬ですから、全身麻酔はかけたくありませんが、飼い主の方は取れるものなら、取って欲しいようです。

飼い主に忠実で大人しいワンコでしたから、局所麻酔でやることにしました。耳の腫瘍ですから敏感な部位でしたが、飼い主の方が上手になだめてくれて、10分ほどで切り取ることが出来ました。腫瘍が小さくて、大人しいワンコだと、局所麻酔という手もありますね。

写真は、チワワのロイ君です。4歳の男の子です。


WebDiary CGI-LAND