2016年09月
[] [過去の日記一覧] [管理]
●2016年09月30日(金)
☆今日のワンコ☆

蒸し暑くてジメジメした日が続いていますが、天候のせいか、ノミの活動が活発になったみたいで、ノミが原因の皮膚病で来院する犬や猫が増えています。例年は、梅雨時期から夏にかけてが多いのですが、今年の夏は暑かったせいか、今頃になって多くなっています。

以前から使用していた首の部分に付けるフロントラインの効果が少し落ちてきたので、最近は、効きの悪い子には飲ませるタイプのお薬を処方してます。飲ませるタイプはシャンプーの影響は受けないので、いつでも飲ませることができます。効果は1か月持続します。

写真は、マリンちゃんです。5歳の女の子で、不妊手術をうけています。今日はワクチン接種で来院しました。

●2016年09月29日(木)
☆今日のニャンコ☆

オス猫のりんちゃんです。生後約1年目で体重は6kg近くありますから、大きな子ですね。今日は去勢手術を受けに来院しました。手術前のワンショットですが、どっしりと落ち着いていますね。

●2016年09月28日(水)

☆今日のワンコ☆

今年の梅雨時期に郊外の山中で保護された小型犬が居ました。保護した方は、愛護センターや警察に届けて飼い主を探しましたが見つかりませんでした。推定年齢2〜3歳くらいかな?雨降りの日に保護されたので、「あめ」と名付けられました。今日はそのあめちゃんの不妊手術でした。

蚊の多い山中で保護されましたから、フィラリアに感染してるのではと思い検査しましたが、陰性でした。その他の検査にも異常が見られませんでしたから、予定通り手術を受けることができました。

初めて来院した時は、保護されたばっかりの時でしたから、少しおびえていて、毛は汚れて、ノミもたくさん付いていました。それから、3か月、手術を受けるために来院したあめちゃんは、別人(別犬)のようでした。トリミングできれいにしてもらって、今の飼い主の方にかわいがってもらって、表情も明るくなっていました。

幸運は続いて、北九州市と獣医師会が行っている、捨て猫、捨て犬防止キャンペーンにも当選し、手術の助成金がうけられました。これからも、あめちゃんが飼い主に福を呼び込んでくれるかもしれませんね。「あめの恩返し」かな?


●2016年09月27日(火)
☆今日のワンコ☆

今日は5歳のYKの歯石の処置をしました。鎮静薬、麻酔導入薬、吸入麻酔の順番は変わりませんが、麻酔に使う機械が新しく入って、今までは動物が自分で呼吸する(自発呼吸方式)でしたが、今回の機械は、機械が呼吸を調節します(調節呼吸方式)。

それぞれ一長一短がありますが、自発呼吸方式だと、動物が呼吸を止めたりしたときは、助手が呼吸を手助けする必要がありましたが、調節呼吸方式だと、機械が呼吸を補助しますから、麻酔が安定します。麻酔の覚醒も良いので、今回のような日帰り手術にはこっちを使っています。動物は、来院した時とほとんど変わらない状態でお家に帰れます。

写真は同じYKのハッチです。ハッチも昨年歯石を取って、グラついていた歯を抜きました。ハッチは先天的な病気を持っていますから、あまり麻酔をかけたくないので、歯石が付かないように、せっせと歯磨きをしてますが、それ以来、私はハッチの大嫌いな人になってます。とほほ・・。親の心子知らずだなぁ〜。

●2016年09月26日(月)
☆今日のポチ君☆

食欲のない子に嗜好性が良いのでよく使う処方食にa/dという缶詰があります。元気はありそうだけど、「昨日から食べないですけどぉ」とかいう子の鼻先の持っていくと、パクッと食いついてくれたり、いよいよ食べない子に、ぬるま湯で溶いて注射器を使って口の中にいれてあげたりします。

よく使い、開けてもふたをしておくと4〜5日は大丈夫ですが、それを過ぎたものは、ポチとピーのごちそうになります。写真は一心不乱に缶の底の残り物を食べているポチです。ピーも欲しいのですが、ポチから怒られるから、物陰から物欲しそうに見ています。
両手?でしっかり持ってますね。

●2016年09月24日(土)

☆動物愛護デー☆

22日の祭日は毎年開催されている動物愛護デーの催しが、到津の森で開催されました。イベントの一つに長寿動物の表彰があります。各動物病院の院長が自分の病院に来院している犬と猫で長寿な子を1頭ずつ推薦して表彰状と記念品が贈られます。

当院も17歳のワンコと18歳のニャンコを推薦したところ、それぞれの飼い主の方が会場に来ていました。表彰を受けるのは、私と同年代かそれよりも上の方たちです。その前は、動物愛護に関する子供の作文や絵画の表彰が行われていましたから、壇上に上がるのは子供たちでしたから、そのあとに、照れくさそうに、嬉しそうに、壇上にかがって記念写真を撮られている前期高齢者の方々の表情がよかったです。愛犬や愛猫とのいい思い出がいっぱいあって、その子たちが老いながらも元気で過ごしている姿が愛しいのでしょうね。我が家のP(ラブラドル)も11歳になって、少しずつ年を取っていく姿が、自分をオーバーラップします。

私が夜間病院を担当したときに来院したワンコの飼い主の方も見えていて、「おかげ様で、あれから持ち直して今日は表彰を受けました」と言われました。今日は「動物愛護デー」でしたけど、私にとっては「院長愛護(介護??)デー」だったかもね。


●2016年09月23日(金)
☆今日のニャンコ☆

PC復活後の一番最初は、子猫のナッツちゃんです。生後1か月半くらいの女の子です。保護されて、健康診断で来院し、虫下しのお薬を飲んで帰りました。次はワクチン接種ですね、。

●2016年09月16日(金)

★今日のワンコ★

今日は11歳の小型犬の抜歯でした。歯根炎が原因で目の下を腫らして、痛いのでそこを触ろうとするとかみつくので、飼い主は拭き取ることができません。腫れた部分が破れて、そこから膿と血液で出て、それが毛にこびりついて・・、という、かなり悲惨な状態になってました。

術前の血液検査や身体検査で異常はなかったんで、麻酔をかけて処置することにしました。

まず、血液は付着した毛をバリカンで刈ってきれいにしてから、ドンドン歯を抜いて、抜いた後の歯茎を縫合して穴をふさぎました。歯周炎や歯根炎がかなり進んでいましたから、10数本抜歯しましたが1時間半くらいで終わりました。

口の中もお顔もすっきりしました。口の中が痛くて不快だったので、ご機嫌が悪くて、飼い主にもかみつきそうになってたのかもしれません。今回の処置で快適になって、性格も少し温和になれるといいですね。

パソコンが不調になったので点検にだしますから、「今日の診察室」は連載は少しお休みになるかもしれません。よろしくお願いします。連日数十件のアクセスがあるみたいですからね。

●2016年09月15日(木)

☆昨夜の研究会☆

昨夜は北九州とその界隈で診療してる先生たちの研修会でした。持ち回りで症例を発表します。昨日の発表は、歯科疾患、心臓病、腫瘍(ガン)を治療した報告でした。

日本小動物獣医師会の調査によると、25年前に比べて、犬は1.5倍、猫は2.3倍寿命が延びたそうです。特に、感染病が少なくなって、1990年は死亡原因が、伝染病で命を落とすワンちゃんは30%、猫は25%だったのに対して、最近は、犬で2.5%、猫で12%と減少していました。特に、犬で激減したのは、フィラリアの予防が進んだのと、犬や猫を室内で飼う人が増えたからでしょう。

犬や猫が長生きするようになると、死因がガンや腎臓病、肝臓病、心臓病などになり、益々その分野の獣医療が進んでいくでしょうね。以前は「抗がん剤」というと、「そこまでしなくても・・」という方が多かったのですが、最近は、CTや病理検査などの積極的な検査と治療を希望される方も多いので、専門医をご紹介する機会も増えましたよ。

●2016年09月14日(水)
☆今日のワンコ☆

MDのコロちゃんです。3か月目の男の子で体重は2kgです。3回目のワクチン接種とフィラリアの予防で来院しました。カメラを向けられて、困ったような、心細いような表情がかわいいですね。

●2016年09月13日(火)

☆今日のワンコ☆

今夜は夜間病院の勤務日でした。

16歳の大型犬が来院しました。飼い主が帰宅したら、横たわっていてきつそうにしているということです。血尿もしているということです。

ペアを組んでる若手の先生と一緒に検査を進めると、フィラリアの感染が原因で容態が悪くなっていることがわかりました。

フィラリアは主に右心房という場所に寄生していますが、虫が何かの拍子に移動して、右心房と右心室の間にある弁に絡みつくと、急激に犬の状態が悪くなります。弁の動きに障害を受けるし、血液が虫にぶつかって壊れるので、壊れた血液が尿にでて、血尿(血色素尿)がでます。

緊急疾患ですが、犬の年齢を考えると、いますぐここで手術をいうわけにもいきませんでした。死亡させてしまう危険性が高いからです。点滴と心臓の負担を軽くする注射をうって、明日一番に主治医の診察を受けてもらうことにしました。

大人しくて良い子でした。大型犬としては長生きしてます。ここまで長生きしたのに、予防できる病気で、重篤な病気にしてしまったのが悔やまれます。

●2016年09月12日(月)
☆今日のわんこ☆

ちびちゃんです。2か月目の男の子で体重はまだ900gです。ワクチンとフィラリアの予防で来院しました。ちびちゃんは、チワワとポメラニアンのミックス犬だそうです。かわいいですね。

●2016年09月10日(土)
☆今日のニャンコ☆

うずらちゃんです。2か月目の女の子です。ワクチン接種で来院しました。何見てるのかな??

●2016年09月09日(金)
☆今日のワンコ☆

コーギー犬のアンディちゃんです。3か月の男の子で体重は7kgです。2回目のワクチン接種とフィラリアの予防で来院しました。少し不安そうな表情ですね、「困ったなぁ〜、早く帰りたいなぁ〜」って声が聞こえそうですね。

●2016年09月08日(木)
☆今日のニャンコ☆

子猫のココちゃんです。2か月半の女の子です。ワクチン接種で来院しました。赤い首輪が可愛いですね。

●2016年09月07日(水)

☆きょうのニャンコ☆

今日は飛び入りで雌猫の不妊手術でした。外にいる猫が捕まったので手術して欲しいということです。猫はゲージに入って、目をランランをして怒ってます。餌に釣られて入ったところ、捕まってしまったようです。

いつものようにゲージの網の隙間から麻酔の注射を打ちます。飼い猫だと、これでクテッってなるから、ゲージから出してマスクをかぶせて麻酔ガスを吸わせて眠らせますが、外猫はそう簡単には手が出せません。ゲージごと大きなビニール袋をかぶせて、麻酔ガスを流して眠らせます。いわゆる簡易ガス室ですね。

眠るまでに10〜15分ほどかかるから、「後10分くらいしたら、ゲージから出してマスクかけようと」猫から離れていると、スタッフが、「猫が嘔吐して、吐いたものが喉に詰まってます」と・・。

手術を受ける猫は絶食で来院してもらってますが、今日のニャンコは餌に釣られて捕まったので、大量に食べてました。まだ「生殺し」状態の猫をゲージから引っ張り出して吐しゃ物を喉から掻きだして、改めてマスクをかけて完全に眠らせてから、気管に管を入れて麻酔に入りました。

猫から目を離さないで注意していてくれたスタッフに感謝ですね。目を離して、「もう眠ったかな?」と見に行ったら、息が止まってた、なんて考えただけでもゾッとします。

●2016年09月06日(火)

☆今日のにゃんこ☆

最近、子猫の来院が増えています。保護したとかもらったとかで、生後数日から1か月位の猫たちです。みんな健康診断で来院しますが、まだ目が明いていないような子猫は、飼育方法を教えてあげることになります。基本、哺乳と保温と排便排尿の介助ですが、ポツンと一匹だけ置いて行かれてる乳のみ猫は、同腹の子と比べて弱いので、母猫が育児放棄した子もいるので、うまく育つかどうかは、本人(本猫?)の生命力と、お世話する方の保育力にかかっています。

最近天気が悪い日が多いので、「もし保護してもらえなかったら、この子猫は今頃生きていなかったでしょうね」という話をしながら、授乳や保温方法を話しています。幸運にもやさしい人たちに保護されて、頑張って育ってくれると良いですね。

「あの時の子猫ですよ、大きくなったでしょ!」と再会できる日を楽しみにしてます。

●2016年09月05日(月)
☆今日のワンコ☆

柴犬のふくちゃんです。4歳の女の子です。狂犬病のワクチン接種で来院しました。毎月取っている専門誌に狂犬病の鑑定をした事例が載ってました。飼い犬に咬まれた飼い主の話です。

狂犬病のワクチンを一度も打ったことがない大型犬を飼っていました。1か月前から時々ケイレン発作がありました。散歩中に飼い犬が道端の草を食べているときに、急にケイレンをおこしました。飼い主が呑み込んだ草を散りだそうとして口の中に手を入れたところ、咬まれました。飼い犬はその後死亡し、傷の治療のため病院に行ったところ、もし狂犬病だったら、すぐにワクチンを何回か打たないと、発病したら死んでしまうということで、担当医が保健所に死亡した犬の狂犬病の鑑定を依頼しました。

結果は陰性でしたから、大事には至りませんでしたが、世界中では毎年5万人以上が犬の咬まれて、狂犬病で亡くなっています。発病すると、10日以内に100%死亡します。咬まれてすぐに狂犬病のワクチンを複数回接種すると、発病を阻止できるそうです。

もし日本に狂犬病が入ったらと思うと、ぞっとしますね。

●2016年09月03日(土)
☆今日のワンコ☆

YKの空ちゃんです。6歳の男の子です。昨年までの予防が不十分だったので、フィライリアの検査をしました。検査で感染してないことがわかったので、今年の予防薬を半年分処方しました。ことしはしっかり忘れずに飲ませてあげてくださいね。

●2016年09月02日(金)
☆今日のにゃんこ☆

オス猫のそうじろう君です。生後8か月で体重は3kgです。去勢手術を受けるので来院しました。写真は手術前のワンショットです。なかなかの「イケメン」ですね。

●2016年09月01日(木)
☆秋になった福間海岸☆

今日の午後はいつものように福間海岸に行きました。外気温36度の灼熱のビーチが一転して秋のビーチになって、人影もすくなくなりました。そろそろ久しぶりにPを連れて来てやろうかな?


WebDiary CGI-LAND