2017年01月
[] [過去の日記一覧] [管理]
●2017年01月31日(火)

☆今日のワンコ☆

「お腹の腫瘍が破れて出血したみたいで、帰宅したら、床に血が落ちてました」と18歳の猫が来院しました。猫のお腹には表面が破れた直径3センチくらいの乳腺腫瘍がありました。

乳腺腫瘍はそれほど血管が豊富な腫瘍ではないので、表面が破れて、火山の噴火口みたいになってもそれほど出血はしませんが、たまたま、腫瘍の中に液体が溜まってたのかなと思いながら、バンテージで洋服を作って、ガーゼをあてて、処置を終えました。

処置が終わって、待合室にいた飼い主の方が、「すみません、今、家から電話があって、うちの犬が怪我してるみたいで、すぐに連れてきます」と言うことで、処置を終えた猫を連れて、急いで帰っていきました。

しばらくすると、ワンコがやって来ました。右足の先からポタポタと血が滴ってます。このワンコ、何かの拍子に前足の爪を折ってしまったようで、そこからの出血です。爪は比較的出血の多いところで、ギュッと押さえておけば止まるのですが、しばらくはポタポタ出ます。どうも、室内の血を見た飼い主の方は、猫の乳腺腫瘍が破れて出血したと思ったみたいです。

ワンコは止血処置をしてからテーピングして治療を終えました。飼い主の方は、「間違えたけど、猫もついでに治療できて良かった、良かった」」と言いながら、帰っていきました。

●2017年01月30日(月)
☆今日のワンコ☆

パグ犬の鯛子さんです。生後4か月目の女の子で、体重は3.4kgです。今日は狂犬病のワクチン接種と登録で来院しました。パグ犬の子犬は、ユーモラスな表情がかわいいですね。

●2017年01月28日(土)
☆今日のニャンコ☆

メス猫のレイちゃんです。不妊手術後のワンショットです。レイちゃんは、幼少の頃の風邪による結膜炎の後遺症で、左目の上下のまぶたが引っ付いてしまってました。麻酔で眠ってる間に電気メスで癒着部位を切開すると、その下の綺麗な目が出てきました。完全に癒着してると視力を失ってることもありますが、レイちゃんの目は少し開いてましたから、視力は大丈夫でした。ワクチンを打ってもらいましたから、これからは、元気に過ごせますね。

●2017年01月27日(金)
☆今日のニャンコ☆

子桃ちゃんです。5か月目の女の子です。小桃ちゃんは外に出ることもあるので、白血病やクラミジア病の予防ができる7種混合ワクチンを打ちました。

●2017年01月26日(木)
☆福間海岸☆

今日の福間海岸の夕暮れです。晴天で空気が澄んでて綺麗でしたよ。浜を散歩してるワンちゃんたちも、気持ち良さそうでした。

●2017年01月25日(水)

☆今日のニャンコ☆

今日は雌猫の不妊手術でした。手術を終えて、夕方飼い主の方に迎えに来てもらって、手術当日と明日位までは、いつもよりも少し大人しいけど2〜3日すれば普段と変わらなくなるから、あまり心配しなくていいですよ、とか、1週間後に傷の状態を確認するから、来院してください、とかお話してると、飼い主の方が「お風呂はまだだめですよね?」と・・。

猫がお風呂??、お話をお伺いすると、このニャンコ、お風呂大好きなんだそうで、飼い主がお風呂場に行くとついてきて、一緒の湯船に入って、「犬かき」ならず「猫かき」で上手に泳ぐんだそうです。3日に一回は入浴してるそうです。術後の注意事項に「入浴禁止」を付け加えましたが、「泳ぐ猫」って居るんですねぇ〜。

●2017年01月24日(火)

☆今日のワンコ☆

糖尿病で治療中の小型犬が転院してきました。飼い主の転居に伴っての転院です。元気そうで活発な子ですが、当院では初めての診察でしたから、血液検査をしましたが、血糖値はうまくコントロールされてるみたいなので、現在と同じ量でインシュリンを毎日食後に2回打ってもらうことにしました。当院で使用しているインシュリンとは少しタイプの違うものを使ってるので、薬がなくなりそうないなったら、発注しますから、早めに連絡してもらうことにしました。

お話をお伺いすると、この子、白内障の手術もしてるそうで、専門医のところで行って、人口の水晶体を両眼にいれてるそうなんですが、外から見ても全然わかりません。

現在当院で、糖尿病で治療中の子が犬と猫で3〜4頭います。慢性腎不全で週に2〜3回点滴で来院する猫もやはり3〜4頭います。心臓病で降圧剤を飲んでるワンコもたくさん居ます。ぼけちゃったワンコには、精神安定剤を処方してます。開業当初は病気の治療が、伝染病や事故、怪我が多かったですが、最近は、高齢犬や猫の治療がメインになってきました。老犬ホームはすでにあるようですから、そのうち、ワンコのデイケアなんてサービスも出てくるかもしれませんね。

●2017年01月23日(月)
☆今日のニャンコ☆

メス猫のあねちゃんです。生後7か月目で体重は3kgです。不妊手術で来院しました。土曜日に紹介したメス猫と姉妹です。それで、姉と妹で、名前が「あねちゃん」と「いもちゃん」なんだそうですよ。

●2017年01月21日(土)
☆今日のにゃんこ☆

メス猫のいもちゃんです。生後7か月目で不妊手術で来院しました。手術前のワンショットです。緊張してるせいか、目がまん丸になってますね。

●2017年01月20日(金)

☆今日のニャンコ☆

「昨日の夜から、足がたたなくなってしまいました」と8歳のオス猫が来院しました。

猫には「血栓症」という病気があります。元となる病気は心臓病なんですが、心臓の動きが悪くて血の塊ができて、それが足の血管に詰まることで、後ろ足が麻痺しています。厳しい病気で、徐々に麻痺が進行して、死亡する確率の高い病気です。

「血栓症だと厳しいなぁ」と思いながら、後ろ足を触ってみると、サッと引きます。麻痺がありませんが、体温が33度まで低下していて、フラフラになって、動けなくなってます。そうなったので、飼い主は足が立たなくなったと思ったのでしょう。血栓症ではありませんでしたあが、猫はショック状態で危険な域に入ってます。

その時飼い主の方の「オシッコが出てないかも・・。」の一言・・。お腹を触ると、下腹部にパンパンに膨らんだ膀胱がありました。尿道閉塞による尿毒症でした。血液検査で腎機能を示す値が跳ね上がってました。

すぐに、麻酔を入れて、尿道から細い管を入れて閉塞を解除してから、管を入れっぱなしにして、点滴治療を開始しました。

2日後には元気になり、血液検査の結果も良かったので退院しました。もう一日治療が遅れたら危なかったかもですね。

●2017年01月19日(木)
☆今日のわんこ☆

ジロー君です。11歳の男の子で体重は18kgです。ワクチン接種で来院しました。まだまだ元気いっぱいです。

●2017年01月18日(水)

☆今日のワンコ☆

「おなかの調子が悪いのか、便がとぎれとぎれで出て、食欲も落ちてます」と9歳の雌の小型犬が来院しました。ワンコを見る限りでは、それほど容態が悪い感じはしません。「おなかでもこわしたのかな?」とか思いながら、診察を進めます。

この子、不妊手術は受けてなくて、時々、発情とは関係のない出血が見られ、投薬で治癒してます。今回はそういう話はありませんが、「食欲不振」というお話もあるので、念のためにエコーでおなかの中を見ました。ゼリーを縫って、棒状の機器をお腹にあてるだけですから、簡単です。

エコーのディスプレーには、中に液体が入って膨らんだ子宮が見えました。閉塞型の子宮蓄膿症でした。陰部からは何も出ないので、飼い主の方は子宮の病気とは思っていなかったみたいです。病気の説明をして、点滴で体調を整えた後に、手術で子宮と卵巣を取り除くことになりました。

術前の状態が良かったので経過も良く、手術翌日の朝ごはんは完食・・。夕方退院しました。

「おなかの具合でもわるくなったのかな?」と、整腸剤を処方して、少し様子を見て、調子が悪ければ来院してください・・としてたら、大変でした。2〜3日後に来たときは、明らかに「この子おかしいいぞ!」ってなってたと思うし、その時点で蓄膿症がわかって手術したとしても、術後の経過と回復には、時間がかかったと思います。「日ごろから診てる」っていうのは、大切ですね。

●2017年01月17日(火)

☆今日のワンコ☆

今日は14歳の小型犬の口の中に出来た腫瘍を切除しました。年配の女性が飼ってるワンコで、食事以外の時はほとんど眠っていますが、起きるとワンワンと吠えるので、その時は鎮静薬を与えています。飼い主もこの子のお世話でお疲れ気味です。昨年末は、その子の上にポットのお湯がかかって、ヤケドになりましたが、抗生剤の投与で回復しました。そのときは長期間効果がある化膿止めの注射を打ちにお伺いしました。

今日はその方からお電話があり、口の中のできものが大きくなって、口の外に飛び出した来たそうで、ものが食べられなくなるのでは?と心配されています。お電話で話していてもらちが明かないので、見に行きましょうかとお話すると、連れてくるとくことで、院内で診察しました。

来院したワンコを見ると、口の中から柔らかなピンポン玉大の柔らかい腫瘍が口の外に出てきていました。口の粘膜に付着している部分はそれほど大きくはなかったので、電気メスで取れそうなんですが、高齢なワンコで通常の麻酔はかけたくありません。飼い主は、できれば取ってほしいということです。

普段からもうろうとしてるワンコなので、鎮静薬と局所麻酔でなんとかなりそうだったので、その方法でチャレンジしました。ワンコが高齢なこともあって、通常の三分の二くらいの量で鎮静状態になりました。助手に押さえていてもらって、10分位で切り取ることができて、縫合までいれても30分以内で終わりました。

ワンコは処置が終わっても、まだボンヤリしてましたから、酸素を吸わせながら点滴をして、夕方、状態が安定したので、自宅に帰りました。飼い主の方には、一旦自宅の戻ってもらってましたが、お迎えに来ると、「やっぱり、この子がいないと寂しいわ」と言いながら、嬉しそうに連れて帰りました。「この子を飼うのは大変だ、大変だ」といつも言ってる飼い主ですが、やっぱり愛しいのですね。無事に処置が終わって良かったです。もうしばらくは一緒に過ごせそうですね。

●2017年01月16日(月)

☆今日のニャンコ☆

今日は2歳の雄のニャンコの去勢手術でした。来院してきた猫はキャリーバッグに入ってますが、その中でシャーシャー怒っています。通常ですと、キャリーバッグから当院のケージに移し替えますが、とても触れそうにありません。飼い主の方も手が出せないみたいです。手術準備はできていましたから、そ〜っと上を開けて、バスタオルを頭にかぶせて、お尻の方から、猫を興奮させないよう注意しながら、鎮静薬を打ちました。猫は、我を忘れて怒っていますから、注射をうたれてことに気づかなかったみたいでした。

15分位してから猫をみると、鎮静状態に入っていましたから、またそ〜っと麻酔注射を打って眠らせて、手術台に乗せることができました。

手術を終えた猫は、いつもは当院のゲージに入れますが、麻酔から覚めたらまた怒り出すことが予想されましたから、麻酔が少し覚めてからそのまま、またキャリーバッグに移しました。早めにお迎えに来てもらいましたが、バッグにかぶせていたバスタオルを取ると、またシャーシャーと怒り、うなりながら帰っていきました。凄かったなぁ〜。猫が切れなくて良かったぁ。

●2017年01月14日(土)
☆今日のニャンコ☆

黒猫のぺぺちゃんです。2歳の男の子で体重は5kgです。今日はワクチン接種で来院しました。

●2017年01月13日(金)
☆今日のニャンコ☆

メス猫のジジちゃんです。生後7〜8か月目かな?ジジちゃんは、私がお世話になっている福間海岸のサーフショップのお隣のショップで飼われているニャンコです。避妊手術で来院しました。

写真は術後のワンショットです。傷を保護するために、当院で作成した洋服を着ています。不妊手術を受けた猫は、外猫以外は、このスタイルで帰って、7週間後に来院していただいて、傷の回復状態を確認して、脱がせてます。ジジちゃんは、外にも出る猫なので、7混合ワクチンも同時に接種しました。ワクチンは1年に1回の接種を推奨してますが、若いときに一回打っておくだけでもかなり効果があります。

サーフショップで飼われている猫は多くて、そのお隣のショップ、我がショップの猫も手術しました。各ショップの正面は海で、後ろは松林です。松林の中に入ると、ショップの猫やそれ以外の猫を見かけることがあります。私は密かに「幸運を呼ぶ福間ヤマネコ」と呼んでます。松林の中で「福間ヤマネコ」に遭遇した時は、良い波と風に恵まれてるような気がます。

●2017年01月12日(木)

☆今日のワンコ☆

「歩くときは普通に歩いているんですが、時々キャンとなきますし、足に触ろうとすると、嫌がって怒ります、何か刺さってるんでしょうか?」、ということで、長毛の小型犬が来院しました。

足を痛がることで来院するワンコは案外多くて、原因は、骨折や脱臼、じん帯の損傷、パットのただれや皮膚炎、関節炎などが多いのですが、何かが刺さっているというのは、飼い主の方が思うほど多くなくて、過去に、パットの間にドッグフードや植物の種が挟まっていた子や、河原に降りて遊んでいたときに、何かで切った子は記憶にありますが、針やとげが刺さっていた子は見たことがありませんでした。

今回も、そんなこと考えながら、ワンコを歩かせてみると、普通に歩きます。「パットの炎症かな?」と思いながら、ワンコを診察台の上のあげて、痛がる方の足先を触ると「痛っ!」足先に何か光るものがあります。それに私の指が触れました。

本当に、縫針が、ワンコの足に刺さっていました。足先まで毛に覆われていましたから、そこに絡んだ縫い針が、何かの拍子にチョンと刺さっちゃったみたいですから、ほんの少し(2ミリ程度)刺さってただけでしたが、毛に絡んだ針が落ちないので、チクチクと刺していたようでした。こんなこともあるんですねぇ〜。

●2017年01月11日(水)
☆今日のワンコ☆

キャリーバッグから不安そうな表情で顔出しているのは、シュナウザーのハッピーちゃん、なんと16歳です。今日はノミの駆除で来院し、食べるタイプのお薬を出しました。若々しいですね。

●2017年01月10日(火)

☆今日のワンコ☆

今日はオスの小型犬の去勢手術でした。まだ体重は3kg弱で、生後8か月くらいのワンコです。今日の飼い主の方が飼われていた先代の小型犬が、10歳くらいになった時に「会陰ヘルニア」という病気になりました。直腸を抑えている筋肉が薄くなって、直腸が曲がってしまい、その曲がったところに便が溜まって、うんちが出にくくなる病気です。ワンコは悪戦苦闘しながらうんちを出しますが、痛みもあるようで、キャンキャン泣きながら排便することもあるので、飼い主もせつなくなります。

薄くなった筋肉を寄せ集めて縫い合わせて、曲がった直腸は正常な位置に戻しますが、再発したり、反対側が同じ病気になったりするのでなかなか大変です。当院でも1年間に数頭は手術をしてると思います。昔からある病気ですが、原因ははっきりせず、去勢手術を受けていないオス犬が発病するのが特徴です。

手術を終えてお返しするときに「これで、この子は将来会陰ヘルニアになることはありませんね」とお話すると、「ほんとにあの時は大変で、可哀そうでした、この子が将来、あの状態にならないと思うと、安心です」とおっしゃってました。

●2017年01月07日(土)

☆今日のワンコ☆

今日は10歳の小型犬の抜歯をしました。年末に左目の下を腫らせてきた子です。多分、上あごの臼歯の歯根炎が原因でしょうということで、抗生物質を処方して、根本的な治療は抜歯だとお伝えしました。この子は4年前にも麻酔をかけて歯の治療をしたことがありますから、元々、歯石が付きやすいのでしょう。

ワンコの年齢を考えると、できれば麻酔下の処置は今回が最後にしたいので、悪い歯はすべて抜歯することにしました。ほっぺが腫れた原因になった歯は歯周炎が進んでいましたから、比較的簡単にぬけましたが、反対側の臼歯は、将来、歯根炎をおこす原因になりそうだったので、電気ドリルで歯をカットして抜きました。ぐらついている歯はすべて抜きました。1時間半ほどかかり、全部で18本抜歯しました。

これからは歯周炎や歯根炎で悩むことはなさそうですね。飼い主の方は「記念にします」ということで、抜いた歯をお持ち帰りになりましたよ。私も自分の子供たちの抜けた乳歯を取ってますから、同じような気持ちなんでしょうね。



●2017年01月06日(金)

☆今日のニャンコ☆

下あごを腫らしたオス猫が来院しました。急に大きくなって、なかなか小さくならないので心配だそうです。毛を刈ってみると、表面にカサブタができてました。そこに注射針を刺してみると、膿がジワリと出てきました。猫どうしの喧嘩が原因で、皮膚の下が化膿したみたいです。メスで小さく切開して膿を出してから、内部を洗って、抗生物質の軟膏を入れて、化膿止めの注射を打って一件落着です。

こちらのお宅には去勢手術を受けたオス猫が数頭、お隣にもオス猫が居て、このオス猫集団がいつも喧嘩して、2か月に一回くらいのペースで怪我で来院します。同じ子が複数回来院することもあります。「まったく、性懲りがないなぁ〜」と言いながら、治療してますが、猫はふくれっ面で大人しく治療を受けてくれてます。

●2017年01月05日(木)
☆今日のニャンコ☆

ミミちゃんです。3.8kgの女の子です。年齢不詳ですが、今日は不妊手術で来院しました。子猫の時から飼ってる猫ではないので、ひょっとしたら不妊済みかもと思いましたが、まだ、手術は受けていませんでした。摘出した子宮は、妊娠経験がないような感じだったので、まだ若い子なのかもしれませんね。

●2017年01月04日(水)
☆謹賀新年☆

皆様、あけましておめでとうございます。

今年のお正月は穏やかな天気で、愛犬と散歩がてら初詣に行った飼い主の方も多かったのではないでしょうか?私は近くの神社に2頭で行きました。前足に関節炎の持病があるスリーピーも、元気に山道を登りましたよ。山頂の神社では、私はお神酒を、ワンコたちには、縁起物のスルメと昆布をあげました。お互いに、今年も元気に過ごしましょう!!

●2017年01月01日(日)

☆今日のワンコ☆

「歩くときは普通に歩いているんですが、時々キャンとなきますし、足に触ろうとすると、嫌がって怒ります、何か刺さってるんでしょうか?」、ということで、長毛の小型犬が来院しました。

足を痛がることで来院するワンコは案外多くて、原因は、骨折や脱臼、じん帯の損傷、パットのただれや皮膚炎、関節炎などが多いのですが、何かが刺さっているというのは、飼い主の方が思うほど多くなくて、過去に、パットの間にドッグフードや植物の種が挟まっていた子や、河原に降りて遊んでいたときに、何かで切った子は記憶になりますが、針やとげが刺さっていた子は見たことがありませんでした。

今回も、そんなこと考えながら、ワンコを歩かせてみると、普通に歩きます。「パットの炎症かな?」と思いながら、ワンコを診察台の上のあげて、痛がる方の足先を触ると「痛っ!」

本当に、縫針が、ワンコの足に刺さっていました。足先まで毛に覆われていましたから、そこに絡んだ縫い針が、何かの拍子にチョンと刺さっちゃったみたいですから、ほんの少し(2ミリ程度)刺さってただけでいたが、毛に絡んだ針が落ちないので、チクチクと刺していたようでした。こんなこともあるんですねぇ〜。


WebDiary CGI-LAND